みんなの相続Q&A - 遺産の範囲

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ã®ç¯„囲

キーワード

相続 遺言と遺言書 不動産の相続 公正証書遺言 相続財産 争続・トラブル

相談窓口

遺産の範囲

遺産の範囲について質問があります。
質問者は私の母ですが、代理で私が質問させて頂きます。

【背景】
4年前の母方の祖父が亡くなった時のことですが、公正証書遺言書が見つかり、その中には相続の祖母が家屋敷およびその土地の登記を、それ以外の土地の登記、祖父が所有するその他財産全てを、母の兄弟姉妹(母、長男、次男、次女)の内、次男が相続することと書いてありました。

【質問】
この内容については特に異論はないのですが、
祖父が管理・所持していた祖母名義の郵便局の定期預金についても、祖父の遺産であり、自分のものだと次男が主張しています。

祖父、祖母間ではお金の管理は全て祖父が1人で行っており、祖母の印鑑で祖母名義の口座を作っていました。祖母も了解しています。

このような場合、祖父が管理・所持していた祖母名義の定期預金口座について、祖父の有する財産に含まれるのでしょうか?

質問者藤野雅己 さん 質問日2013年3月18日

弁護士の回答

本橋一樹法律事務所
専門家本橋一樹法律事務所
回答日2013年3月19日

夫婦の双方がその協力によって得た財産は夫婦の共有という扱いということになりますが、祖父が祖父なりの判断で、お金の一部を祖母名義の口座に蓄えていたのであれば、(祖父単独の口座もあると思うので)それは祖母単独の資産と考えてよろしいかと思います。
少なくともそのような主張が真っ当であり、具体的状況はわかりませんが、一般的には、その「次男」の方が請求を通すことはまず無理ではないかと思います。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年3月19日

名義預金についてのご質問ですね。
名義預金というのは形式的には配偶者などの名義で預金してはいるものの収入などから考えると実質的な所有者が別に存在する場合をいいます。
お尋ねの祖母名義の口座が遺産かどうかですが、まず、祖母の財産から預金がなされたのかどうか、祖父の財産から預金がなされたのであれば贈与と認められるのかどうかが問題になると思われます。いずれにしましても、専門的なお話になりますので一度専門家にご相談されることをお勧めします。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年3月19日

管理所持してという事実だけでは,誰の所有かは判断むずかしいと思います(名義が妻であれば,事実上,妻のものと推定はされると思います)。
次男が,祖父の遺産であるというのであれば,定期預金の原資が祖父固有の財産からのものであり,妻への贈与と言った事情もないということを,ある程度証明しなくてはならないでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年3月29日

祖父が管理・所持していた祖母名義の預金は、祖母のものです。祖父のものとするには、それ相応の証拠がなければできません。これを祖父のものと主張し、解約等を銀行に求めても銀行は応じません。

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お祖母さん名義の預金はお祖母さんの財産であり、仮にお祖父さんが管理をしていてもお祖父さんからお祖母さんへ贈与されたものと考えるのが素直な考えだと思います。
したがって、次男がお祖母さん名義の定期預金もお祖父さんの財産と証明することは相当に困難だと思います。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 預金については,名義人である祖母のものと考えるのが一般的でしょう。具体的状況によっては,実質的に祖父の遺産に含まれるということをいえなくはないと思いますが,祖父があえて祖母名義としていたことは,祖父から祖母に贈与がなされたと判断される可能性が高いと思います。
 したがって,次男の主張は難しいと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

原資が祖父であっても、祖母の印鑑で祖母名義で貯金し、そのことを祖母に伝えた段階で、贈与の意思表示と受諾の意思表示があり、通帳を祖母が手に取れる家の中においた時点で、引き渡しがあったというべきでしょう。すでに贈与が終了し、祖母の財産となっていると言えるでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

祖父に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口