みんなの相続Q&A - 相続放棄、故人のアパートの退去、家財道具処分

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„、故人のアパートの退去、家財道具処分

キーワード

相続放棄 負債・借金 手続き 単純承認

相続放棄、故人のアパートの退去、家財道具処分

今年の月に父が亡くなりました。多額の借金があり現在、母、姉、私で相続放棄申請中です。
母が脳梗塞で寝たきりになり痴呆もあり現在施設に入っています。
(母も多額の借金があったため、倒れた時に自己破産をしています)
それ以来、父はアパートで一人暮らしでした。25年住んでいました。
家賃を払っていくことが困難、大家さんに申し訳ない、財産価値のありそうな物がなかったので
古い箪笥、テーブルなど廃棄処分をしてすべて片づけてしました。領収書はあります。
念のため、テレビと中古の洗濯機、故障気味の冷蔵庫は姉の家で保管しています。
恥ずかしながら父の財産は預金口座の20万円と古い車1台です。
それは触っていません。
そこでなのですが、
※相続放棄申請中にアパートを片づけたり退去すると
単純承認になってしまうのでしょうか?
アパートの引渡し、退去は本日から10日後に予約していますが
退去しても大丈夫でしょうか?
また、修繕費等払うと単純承認になってしまうのでしょうか?
車は廃車にしても大丈夫でしょうか?
テレビと中古の洗濯機、故障気味の冷蔵庫は保管しておくべきでしょうか?
調べてみたのですが色々な意見があり不安になっています。
とても不安です。どうぞよろしくお願い致します。

質問者yuki さん 質問日2013年3月12日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年3月13日

単純承認とは被相続人のすべての財産を相続することであり、債務も含めて相続することになります。アパートの片づけですが、財産的な価値のあるものを処分したりすれば単純承認となる可能性はありますが、お尋ねの内容ですと単純承認とはならないのではないかと考えられます。
次に、アパートの引き渡し等ですが、これも財産的価値のあるものを処分したとは言えないと考えられますので、単純承認とはならないのではないかと考えられます。ただ、処分にお父様の遺産を使用された場合には単純承認となる可能性がありますので注意してください。
なお、敷金等が返還された場合にそれを費消してしまうと単純承認となる可能性がありますので、この点も注意してください。
また、車、テレビ、洗濯機、冷蔵庫ですが、気になるようであればある程度の期間保管されておかれてもよろしいかと思います。
事件ごとに異なる状況もございますので、専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

佐久間総合法律事務所
専門家佐久間総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

民法は、「相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき」には単純承認をしたものとみなす(921条1号)と定め、「保存行為」についてはこの例外としています。そこで、いろいろ片づけをしたことが「保存行為」の範囲にとどまっていたかどうかが問題となります。

この「保存行為」というのは、基本的に現状を維持するために必要な行為のことを意味し、家屋の修繕や期限を過ぎて未払いとなっている賃料の支払いのような行為がこれにあたります。他方、賃貸借契約を解除することは「管理行為」と言って現状維持を超える行為とされています。

さて、お尋ねの件について、裁判所の判断として葬式費用を故人の財産から支出した場合や行方不明中に死体で発見された故人の遺体や所持金、着衣を警察から引き取った行為は「相続財産の処分」には当たらないとするものはありますが、たんすやテーブルなどを第三者にお金を払って処分を依頼した点につき「処分行為ではない」とするのは厳しいように思います。そうすると、単純承認をしたものとみなされる可能性があると思います。


各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

アパートに関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する