みんなの相続Q&A - 義父名義の土地の夫婦共有名義の建物

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¾©çˆ¶åç¾©ã®åœŸåœ°ã®å¤«å©¦å…±æœ‰åç¾©ã®å»ºç‰©

キーワード

不動産の相続 代償分割・代償金 不動産鑑定評価 借地権

相談窓口

義父名義の土地の夫婦共有名義の建物

義父の土地に住宅ローンを組み、夫と私の共有名義の建物を建てました。夫が亡くなり建物は共有名義のままになっておりました。義父が先日亡くなり、相続人が土地の明け渡しを要求してきました。私はそのまま居住したいので、買い取る方向で考えていますが、金銭的な余裕もないことから、安い価格で買い取りたいのですが、何を参考に買い取り額を提案したらいいのでしょうか。この地域は路線価よりも実勢価格が低いので、地元の不動産屋さんに聞いてみることも考えております。

質問者sakenomo さん 質問日2013年3月10日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年3月11日

もともと,あなたと夫と,義父との間で,一定の契約のもと土地使用権が設定されたと考えられ,相続人は,義父の地位を相続しているわけですから,相続人からの明渡請求が可能なのかということも,買取金額を決める交渉にとって,重要になるかと思います。
あなた方夫婦に子がいない場合,ローンの一部を義父が相続し,結果,その相続人も,ローン債務者です。子がいる場合,あなたの子が,土地について,代償相続していますので,そういった点も,考慮して考えるべきでしょう。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年3月11日

あなたとご主人が共有名義の建物を建てた時点で義父との間に何らかの使用権が設定されたはずです。義父の相続人は、義父の地位を相続により承継しているのですから、そもそも、どのような法的根拠に基づいて明け渡し請求してきているのか見極める必要があります。
なお、買い取りの方向で考えたいとのことですので、低額であるほうが有利だと考えますので、実勢価格を参考にするのがベターだと思われます。
不動産業者2、3社に簡易の査定を依頼し、実勢価格を把握してから交渉に臨んではいかがでしょうか。
いずれにしましても、専門家に相談されて、今後の進め方についてご検討されるべきでしょう。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

建築時に、土地使用について義父と合意があったと考えられます(無償であれば使用貸借ですが、例えば義父の扶養が前提の場合、単純に使用貸借で片付くか、という点は残ります)。その後、ご主人の逝去でご主人の相続が発生し、その時点ローン(負債)があれば(お子さんがないとして)その一部を義父が相続したことになります。
今回は、上記の土地使用についての合意といった法的状況も相続の対象になるはずですし、ローンの相続も絡みます。専門家に相談するとか、民事調停を申し立てるとかを検討すべきかと思います。民事調停では上記の争点を勘案し、かつ土地の評価も協議が可能でしょう。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 基準となる額としては、相続税での評価を利用するのが、争いがないとは思います。それでは額が高すぎるということになれば、現実用意できる額を示して交渉していくほか無いとは思います。なお、これまでの経緯からすれば土地の使用権限が全くないと言うことにはならない可能性もありますので、使えない土地を保有しても、といった交渉をしていくのも一つの手でしょう。

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

実勢価格と借地権割合を地元の不動産屋に出してもらい、仮に価格が1000万円、借地権割合が6割としますと、1000万円の4割の400万円が土地の価値となります。その金額で買い取りが可能となります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口