みんなの相続Q&A - 死亡退職金の供託について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ­»äº¡é€€è·é‡‘の供託について

キーワード

相続 手続き 争続・トラブル

相談窓口

死亡退職金の供託について

離婚した父が死亡しました。公務員に準じた死亡退職金と死亡弔慰金が支給されますが、父の母(そぼ)と子のどちらに支給するか決められず、争いになると困るため、供託するかもしれないと連絡がありました。離婚した父からは養育費として家庭裁判所で決められた金額をうけとっていました。供託された死亡退職金等をもらうためには、どうすればいいですか?供託された死亡退職金等は相続となるのでしょうか。よろしくお願いします。

質問者ノラ黒 さん 質問日2013年3月9日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年3月9日

相続ではなく、父の母親に対し、自分が権利者である旨の確認訴訟を提起し、判決を得て、供託金の還付請求をします。
供託される前に、父の母親と話合いを持たれたら、いかがでしょうか。法的な解釈も絡んできますので、専門家に相談されたら、いいでしょう。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 「公務員に準じた」死亡退職金の支給ということですので、公務員の場合を前提としてお話しします(死亡退職金の支給を定めた規定をご確認いただければ、そこの受給者がどのように書かれているか分かると思います。そこが、「相続人」や「本人」となっているのか、それ以外の表現なのかという視点で見ればおおむね問題無いと思います)。
 公務員の死亡退職金は「遺族」に支給するものであって、相続財産ではありません。これは、死亡した人の収入によって生計を立てていた者の生活を保護するために支給することから、相続人とは異なる書き方をされているのです。
 供託された場合には、原則として自分が権利者であるとの公的な判断を受ける必要があります。まずは、お祖母さまとお話しをされてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 死亡退職金は,相続財産とならず,相続人と生計を一にしてしていたものが受け取ることができます。
 仮に供託されてしまうと,判決等を取得しなければならなくなりますので,供託される前に,祖母と話し合って解決されるのがよろしいかと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口