みんなの相続Q&A - 亡き父の借金?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > äº¡ãçˆ¶ã®å€Ÿé‡‘?

キーワード

相続 負債・借金 争続・トラブル

相談窓口

亡き父の借金?

父が亡くなり父の妹から母が、「生前、兄さんにはお金を貸している。」と言われました。
母は、20年以上別居生活をしており生活費ももらっていなく自分で生活をしていますが、父とは連絡をとっていましたがお金を借りていた話など父からは、聞いたこともないようで・・・。この関係は、父の妹も知っています。母は、借用書もないし自分は、お金の貸し借りに立ち会ってもいないから関係ないので払えない(話がどこまで本当かわからない)と考えています。返済の義務は、母には関係ないと思いたいのですが・・・。

質問者こどもたち さん 質問日2013年2月21日

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

実際にお父さんが借り入れしているのであれば、お母さんと(別居をしていても離婚していなければ)子供の皆さんが法定相続分で債務を負うことになります。
お父さんに目ぼしい財産がないのであれば家庭裁判所へ相続放棄の手続きをすることをお勧めします。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

離婚していない状況であれば負債として相続していることになります(なお、「父」「母」とお書きなので、お子さんたちも相続しているはずです)。プラスの資産(分かりやすいのは不動産を所有しているかでしょう)があるのであればその資産と負債とのプラスマイナスの問題で、どうも資産がなさそうということであれば相続を放棄したほうが安全と思います。問題の貸付も時効にかかっているかもしれません。相続の放棄をするにしても、一応負債の状況を確認したほうがいいでしょう。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 亡くなった方に借金があった場合に、相続人がそれを知っていても知らなくても返還する義務を受け継ぎます。いずれにしても額が分からないのですから、お父さまの妹から証拠を出して頂くことになるとは思います。ただし、お父さまに財産がないようでしたら相続放棄という手段を取られる方がよろしいのではないかと思います。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

仮にお父様が実際に借金をされていたのであれば,相続により,お母様やお子様であるこどもたち様が返済をしなければなりません。ただ,今回のケースではそもそも借金の有無不明確ですので,借金がなかったと争うことはできるかもしれません。その場合には,妹様の方でお金を貸した事実を立証することになります。通常金銭消費貸借契約書等あれば,借金の有無を争うことは困難ですが,そのような書面がないのであれば,妹様の方でお金を貸した事実を立証するのは困難ではないでしょうか。
 いずれにしても,妹様から借金に有無に関する情報を入手して,借金がありそうであれば,その額とお父様のプラスの資産を比較して,相続放棄も検討されるとよろしいかと思います。なお相続放棄には3か月の期間制限がありますので,ご注意ください。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口