みんなの相続Q&A - 孫への贈与

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å­«ã¸ã®è´ˆä¸Ž

キーワード

贈与・生前贈与

相談窓口

孫への贈与

孫へ贈与をしたいと思っています。しかし孫は小学校3年生で贈与はもらう方とあげるほうがしっかり意思を確認できなければならないと聞きます。110万の基礎控除内で孫へ贈与できる方法はないでしょうか。

質問者ヒロ さん 質問日2013年2月19日

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

小学校3年生の方であれば、自分の銀行口座を持っていても不思議ではない年齢だと思いますので、お孫さんの預金口座を作り、そこにお金を振り込まれてみてはいかがでしょうか。小学校3年生であれば、一人で銀行や郵便局に行くことは可能ですので、税務上、贈与が成立していない、と指摘されることは有りません。

ここで注意しなければならないのは、お孫さん専用の銀行印を作ることと、他の親族が勝手にその預金口座からお金を引き出したりしている事実が無いことです。あくまでも、お孫さんの資金であるという形式を必ず保って下さい。

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

贈与は契約ですので、原則からは未成年者は法定代理人(親権者)の同意を得なければなりませんが、未成年者が単に権利を得る場合(贈与は該当します)は同意は不要です(民法5条1項)。すなわち、親権者の同意なく孫に直接贈与できます。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 この場合は、お孫さんが当事者となって「贈与契約」を締結することができます。が、念のため親権者であるお子さんに入ってもらって契約し、それを書面の形で残しておくべきです。なお、現在の税制改正で孫に対する教育資金の贈与について非課税枠をもうけるという話が出ていますので、それも含めてご検討された方が良いかと思います。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

贈与であれば,お孫様に対して,お孫様を当事者として契約をすることができます。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口