みんなの相続Q&A - 父の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ã®ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

不動産の相続 相続放棄 限定承認 負債・借金

相談窓口

父の相続について

借金を残して亡くなった父の相続の件で相談があります。父の唯一と言える資産は、木造一軒屋の家屋のみ(土地は同居の母名義)ですが明らかにそれを上回る負債があります。相続人は母、兄弟2名です。
希望は父名義の家屋に母が住み続け、父の借金はできるだけ相続しないで済む方法を模索しています。
下記2つの方法について、メリット、デメリット、どちらがおすすめか、注意点などをご教授下さい。また下記以外にお薦めの方法があればお願いします。
1)全員が相続放棄した後、家屋が競売にかかる場合に家屋を買い戻す。
2)全員が限定承認をした上で、家屋が競売にかかる前に買い戻す手続きを行う。借金の返済は家屋を買い戻す価格の範囲で行う。
以上


質問者ふぁんとむ さん 質問日2013年2月12日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年2月22日

1. 全員が相続放棄をしても、すぐに競売にかかるとは限りません。次の相続人(父の兄弟姉妹)に行くので、その中で放棄しない人が出てくるかもしれません。誰も相続しない場合、相続人不存在、相続財産管理人の選任などをしなければならないかもしれません。抵当権がついていればそういう手続は必要ないが・・・
2. 競売については前記の通り、限定承認しても債権者と交渉する方法がよいでしょう。母が、その家に住んでいるので、その獲得権のようなものがあり、競売にかけても落とす人は居ないと考えられるので。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

手続が容易ということでは1)ですが、競売等にならない場合建物が残ってしまい、土地を処分したりといった場合に不便が生じる恐れがあり、競売になった時にも買い戻せるかの保証がないとも言えます。
2)は手続が結構面倒なのと費用がかかる反面、建物についてはきちんと処理されることにはなりますが、これも、その過程で確実に建物が手に入るかの保証はないと言えるでしょう。
負債の額によっては相続をして処理することが確実といえば確実とは思います。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口