みんなの相続Q&A - 相続前の贈与について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šå‰ã®è´ˆä¸Žã«ã¤ã„て

キーワード

相続 贈与・生前贈与 遺言と遺言書 特別受益 遺留分減殺請求

相談窓口

相続前の贈与について

父が余命一週間と宣告されました。遺言書があり母に全ての財産を相続させるという内容です。しかし以前父は昨年と今年の1月に私と私の嫁に100万づつ計2回現金による贈与を受けております。証拠はありません。理由は世話になったからという理由だそうです。しかし父が万が一なくなった時過去三年以内の贈与はふりになると聞いたことがあります。
家族は父母兄私です。
贈与を受けた200万、嫁も、はまだ現金でもっているのですが通帳にいれて自分のものと思ってよいのでしょうか。それとも返す必要があるのでしょうか。
ちなみに父の財産は2000万ほどです。
宜しくお願いいたします。

質問者けい さん 質問日2013年2月3日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年2月3日

遺言があろうと、贈与が無効になるわけではありません。返す法的義務はありません。
100万円の生前贈与を考慮しても、あなたの遺留分が侵害されていることには変わりませんから、相続開始後は、遺留分減殺請求権を行使して、遺言の効力を一部覆すことが出来ます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年2月13日

婚姻もしくは養子縁組のため、又は生計の資本(生活に関係するものに関する贈与)として受けた贈与は、何年前のものでも特別受益となり、相続財産に組み入れられ、相続の先取りという結果になりますが、返す必要はありません。あなたには遺留分権があります。遺留分権の請求に関しては、相続開始(父死亡時)から1年以内に請求しておかないと時効となります。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 生前に贈与を受けてすでに金銭を受け取っているということでしたら,御自身及び奥様のものと考えて問題ありません。
 したがって,返還する必要はありません。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

 

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年2月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 生前の贈与が不利になる、というのは遺留分減殺の対象となり得るからです。今回は遺言で全財産がお母さまにということなので、まずはそれが減殺の対象となるので、問題ありません。遺言の内容で特にご不満がないということでしたら、そのまま持っていて構わないでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口