みんなの相続Q&A - 着手金返還

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç€æ‰‹é‡‘返還

キーワード

弁護士費用

相談窓口

着手金返還

遺産相続で訴訟中ですが、弁護士の先生のご都合で、辞任のご連絡がありました。(訴訟の内容とも、私側の問題とも全く関係なく、物理的に異動されるので、今後は担当されることが難しいとのことでした。)着手金を170万円程度払っておりますが、いくらぐらいが返還されますでしょうか?訴状はすでに提出すみで、期日も、来月に第三回となります。こんなことがおこるとは思っておりませんで、途方にくれております。よろしくお願いします。

質問者田中  さん 質問日2013年1月25日

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

取得予想額が不明で、何を基準に取り決めたかよく分かりませんし、事案の複雑さの程度、関係者の人数、管轄裁判所の遠近なども分からないので、どれだけが適正なのか明言はできませんが、今後弁護士に依頼する際に支払う必要がある着手金相当額程度、と考えればいいのかと思います。そのような姿勢で当該弁護士を交渉してみてはどうでしょうか?

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

いくら返還されるかは,着手金の額をどのように算定したか,委任契約でどのように定められているか,どの程度内容の進行がしているか等によりますので,御相談の内容だけでははっきりとしたことはお答えできませんが,弁護士側の事情で辞任せざるを得ないということですし,次が第三回期日ということでしたら,それなりに返還してもらえると思います。
 次に依頼される弁護士に,委任契約書や訴状等を御持参のうえ,直接御相談されてみるのがよろしいかと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 弁護士との契約書をよく読み直して下さい。その中で途中で辞任した場合の処理が定められているはずです。多くの場合では事件に着手した以上はお金は返還しないと定めているので、返還されない可能性が高いかもしれません。

弁護士の回答

おしなり法律事務所
専門家おしなり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

いくらというのははっきりとしたことは言えません。

まずは委任契約書を読み返してみてください。もし委任契約書で,辞任等の場合には処理の程度に応じて清算といった条項があれば,清算してもらえますので,その場合には清算の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口