みんなの相続Q&A - 遺言書をみせてくれません

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€æ›¸ã‚’みせてくれません

キーワード

相続 遺留分 遺言と遺言書 遺留分減殺請求 争続・トラブル 遺言書の検認

相談窓口

遺言書をみせてくれません

遺言書がみつかり、家庭裁判所で認定をうけましたが自分は、遠く離れた場所にいて行けないため不参加と伝えました。

姉に遺言書のコピーがほしいと伝えましたが、
見せてくれません。
どうすればいいのでしょうか?

遺言書を保有している人が相続人である自分に見せないのは問題ないのですか?
全て姉に譲ると記載してあれば、それだけで、姉は親のお金を処分し、財産を引き継ぎ、登記なども単独でできてしまうのでしょうか?

遺留分があるから、少しでもお金はもらえると思うのですが貯金の残高から計算をしてこれだけはあると思うからくださいと伝えても全く返事がありません。法定相続分や遺留分などは、請求期日はあっても支払期日はないのでしょうか?

質問者combo さん 質問日2013年1月22日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年1月22日

裁判所から、検認調書を取り寄せて下さい。それに、遺言書のコピーがついています。
検認という正式な手続で、遺言書を開示した以上、その後、遺言書を見せないからといって、問題があるとは言いにくいでしょう。
検認手続を経た遺言書であれば、単独で、登記も可能です。
遺留分減殺請求は、内容証明でしてください。回答がないなど、話合いに応じそうもなければ、訴訟をすればいいでしょう。
遺留分は、減殺請求をすれば、ただちに、期限が到来し、請求権を行使できます。遺産分割の場合、分割が成立して、具体的な請求権が発生しますが、法定果実は、相続開始時から、請求できます。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言書につきましては,検認がなされた家庭裁判所で閲覧が可能ですので,そちらに問い合わせをされた方が速いかと思います。
遺産の取り扱いにつきましては,遺言の内容によりますが,遺留分の問題もございますので,速やかに遺言の内容を把握されることをお勧めします。

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続人は検認手続きをした家庭裁判所に検認審判記録の写しの請求ができます。それにより遺言内容を知ることができます。
遺言書が全ての財産をお姉さんに相続させるとなっていた場合は、お姉さんが単独でお金の引き出し、単独登記ができます。
あなたは遺言書の写しを取得し、遺留分が侵害されたと分かった時から1年以内に遺留分減殺請求をする必要があります。遺留分を請求されたお姉さんはいつまでに支払わなければならないとの「支払期日」はありません。
あなたの請求に対し応じない場合は訴訟での対応が必要となります。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言書は検認を受けた裁判所に写しが保管されているので、そちらに問い合わせてみてはいかがでしょうか?
 遺言がある以上は、単独でその内容の登記等をすることができます。
遺産分割については期限はありませんが、遺留分の請求は知った時から1年以内に行使しなければなりません。お話からは行使はしているように思われますが、口頭での話になると言った言わないと言う話になってしまいます。証拠として残るように文書で、できることであれば内容証明郵便で遺留分減殺をする意思を伝えることが必要かと思います。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 検認した裁判所に問い合わせて,検認調書を確認されるとよろしいかと思います。
 遺留分については,相続の開始と侵害行為があったことを知ったときから1年以内に請求しなければなりませんが,一度行使をしておけば基本的には問題なくなりますので,早めに内容証明郵便で遺留分減殺請求権を行使する旨の意思表示をされるのがよいと思います。
 相手方がその通知に何の反応も示さないようであれば,訴訟提起等検討する必要が出てきます。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口