みんなの相続Q&A - 相続税対策について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šç¨Žå¯¾ç­–について

キーワード

相続 小規模宅地の特例 相続税

相談窓口

相続税対策について

現在,80歳母,子供がAさんBさん,Bさんはすでになくなっており,子供がB1,B2,B3(3人)います。
母の財産は現金は殆どありません。
土地は相続路線価400Dの土地の面積は300㎡(Z土地)と相続路線価200Dの土地の面積が150㎡(x土地)になります。どちらも建物がありZ土地には母がX土地上には親戚(相続には関係ない)が住んでいます。

上記の場合,相続になりますと,Aさんが2/1となりB1,B2,B3は6/1づつになると思いますが,具体的にはどのような分配になるでしょうか?
Z土地にはAさんが住みたいと思っております。
Aさんにとって良い対策方法などありましたらご教示お願い致します。
また,税金はいくらぐらいになるのでしょうか?


宜しくお願い致します。

質問者たつゆき さん 質問日2013年1月21日

税理士の回答

税理士法人 早川・平会計
専門家税理士法人 早川・平会計(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

法定相続分はたつゆき様のお考えのとおりですが、遺言があれば遺言が優先します。
推定される遺産の額から考えますと相続税の申告は必須です。
小規模宅地の特例を検討する必要がありますが、適用要件がありますから、具体的なお話を税理士にご相談する必要があると考えます。

神田司町 早川・平会計

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 土地の上にある建物の法律関係がどうなっているのかによっても変わってきますが、具体的配分は当事者が合意すればどのようにしても問題ありません。とはいっても、法定相続分に近い形でないと全員が納得するのは難しいと思われるので、Z地の方が価値が高いためそれをAさんが取得する場合にはいくらか代償金を支払うことになるでしょう。
 Aさん単独ではできないのですが、お母さまが遺言を書くというのも選択肢の一つでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口