みんなの相続Q&A - 公正証書の効力と養子縁組について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å…¬æ­£è¨¼æ›¸ã®åŠ¹åŠ›ã¨é¤Šå­ç¸çµ„について

キーワード

遺言と遺言書 養子縁組 公正証書遺言 祭祀財産・お墓

相談窓口

公正証書の効力と養子縁組について

こんにちは。質問させてください。

祖父が、平成23年に公正証書を作成しました。

平成24年に墓地を公正証書に載せるのを忘れたと言って、孫を養子にしました。

この場合、平成23年度に作成された公正証書に記載されてる内容が無効になることはあるのでしょうか??

ご回答よろしくお願いします。

質問者相続人CG さん 質問日2012年12月27日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年12月27日

墓地を誰に取得させるかについて,公正証書に記載がないため,墓地を継がせるため,孫を養子にしたということでしたら,公正証書の内容と孫を養子にしたことは矛盾しませんので,無効になることはないでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年12月27日

墓地は相続財産とされていません。
したがって、公正証書に書き忘れても特別問題はありませんが、誰々に墓を守ってもらいたい、と書きたかったのかもしれません。遺言は公正証書に限らず、自筆証書でも、新しいものが優先されます。相互に矛盾する記載があった場合などはそうなります。また、何度でも書き変えられます。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 公正証書の内容を見てみなければ、正確なことを申し上げることはできないのですが、無効になるものは少ないのではないかという印象です。遺言がなされた後、それと「抵触する」行為がなされた場合に、その行為と矛盾する部分の遺言が無効となるのみです。養子縁組を新しくしたのみでは、相続人(子)が一人増えるのみであって、矛盾する記載は無いのではないでしょうか。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

あると思います。遺言の訂正は、遺言によって行う方法と、事実行為によって行なう方法があります。縁組によって遺言内容を訂正したと言える場合があります。遺言者の意思を解釈するということになります。

弁護士の回答

イージス法律事務所
専門家イージス法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年1月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

公正証書遺言を作成した後にあらためて遺言を作成しない限り、作成した公正証書遺言は無効とはなりません。
お孫さんの相続分を明確にするためには、新たに公正証書遺言を作成したほうがよいでしょう。

イージス法律事務所
代表弁護士 長 裕康(おさ ひろやす)
電話  0120-366-772
FAX  03-3289-1056
メール info@aegislo.com

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口