みんなの相続Q&A - 遺産相続にあたり

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã«ã‚たり

キーワード

相続 遺産分割協議 争続・トラブル 異父・異母兄弟

相談窓口

遺産相続にあたり

40年前に離婚した母の子供(私)で、父は再婚し子供が3人います。

その父が無くなり、その子供(長男)から遺産相続の話が来ました。

長男からは、十分な財産リストを受け取る事が出来なく、
どうしても不利な情報は隠されております。(生前贈与など)

現在残っている財産はこれだけだから、これで分けましょうと一方的に話をされて、困惑してます。

そこで相談ですが、
①生前贈与も含めた相続対象財産の開示を請求した
 場合、長男は出さざる負えないのでしょうか?
②財産の対象に載っている駐車場やアパートの
 契約内容を開示してもらうことは可能でしょうか?

私は公平になるよう、法定相続分のみ相続出来れば
良いと考えております。現在、1対4の話し合いで非常に
不利な情勢です。

どのように進めたら良いのかアドバイス下さい。

質問者困っております さん 質問日2012年12月11日

弁護士の回答

順風法律事務所
専門家順風法律事務所
回答日2012年12月11日

長男に開示を求めることは可能ですが、長男が応じる可能性は低いかもしれません。
そのような場合は、家庭裁判所に調停を申立て、長男に対して遺産等の開示を求めることになります(ただし、原則として調停の対象は現在、明らかになっている遺産ですので、長男が情報開示に応じない場合は、最終的には自分で調べることになります。)
ご本人での遺産分割協議が難しい場合は、弁護士に委任するか、家庭裁判所に遺産分割調停の申立てをする方法があります。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年12月12日

①相手方が、生前贈与はないと言えば、それまでです。疑わしければ、自分で調べるしかありません。各相続人の自宅不動産を調べるとか、被相続人の預金口座を、できるだけ遡って調べるとか、方法はあります。
②開示を求めればいいのではないでしょうか。ただ、開示されなくても、財産の評価は、ある程度、可能です。厳密に評価したいということであれば、調停を申立て、鑑定してもらうのがいいかと思いますが、そこまでやるつもりがないなら、契約内容を開示してもらっても、あまり意味がありません。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年12月18日

(1)出さざるを得ないという強制力はありません。多分、出さないでしょう。
(2)遺産の対象である財産の内容は、明らかにすると思われます。公平に遺産分割を行うには、先ず正しい遺産目録が必要ですが、これが現実として、中々はっきりしないものです。(自分で調べるしかない)

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは。行政書士の服部です。

財産の調査は、相続人である貴方でもできるのですから、費用も労力も必要ですがやってみてはいかがでしょうか?各金融機関をまわり、預金口座の調査と残高証明書の請求や入出金明細を集めます。不動産に関しては、登記事項証明や名寄せ帳
などにより所有関係と評価額を調べます。そのうえで交渉しましょう。①は仮にあったとしても、黙っているでしょうね。②は見せてくれるかもしれません。

法定相続分が公平とは限りません。諸事情を勘案して分割協議を進めてください。

なお、本気でやるならお金をかけて専門家に依頼するのも良いのでは?と思います。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 開示を求めることはできますが、長男としては応じ無ければならないものではありません。「きちんとした説明がなければ判を押さない」という形にならざるを得ません。埒があかないようでしたら家庭裁判所の調停を利用する方法があります。この手続で調停委員に開示を促して貰うのが現実的でしょう。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

①開示は義務ではありませんので,ある程度御自身で財産の調査をなさってから開示を求めてみててはいかがでしょうか。どうしても開示してもらえないような場合には,遺産分割調停を申立てて,その中で調停委員を通じて開示を求めると,開示をしてもらえる可能性もあると思います。
②すでに相続財産として先方も認めているのであれば,開示を求めると応じてくれる可能性は高いと思います。

1対4の話し合いで非常に不利な情勢ということでしたら,専門家に直接御相談されて,間に入ってもらうのも一つの手ではないでしょうか。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

調停を申し立てて、調停委員の関与のもとに進めていくべきでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口