みんなの相続Q&A - 相続調停

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šèª¿åœ

キーワード

相続 遺産分割協議 負債・借金 寄与分

相談窓口

相続調停

18年前に個人商店を営む父が2000万円の債務、自宅・別家の資産を持ち他界。店は子三人の同意で母に名義を変えたが、子は債務は払えないと母受取人の父の生命保険と私とで返済。私は大学卒業後長男であり、父の希望もあり店で働いています。母と二人で店を営んでいましたが、この度閉店する事になり、遺産分割の話し合いをしましたが、一人が「出る所に出ないと話さない」と話し合いになりません。分割協議は母に遺産全部を相続か法定配分でと思っています。でも、母と私の寄与分を主張申し立てをしたいと思います。母と私は専従者で働いていましたが、母は給料など無く私も小遣い程度の給料でした。法定配分は債務も分配されるのでしょうか?家を処分して分配した時の所得税の割合、今まで母が支払った固定資産税はどうなりますか?

質問者ちょこ さん 質問日2012年12月2日

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 店の名義を移したときに遺産分割をしているとも思えますが、その点はないとしての回答です。
 債務は、原則として法定相続分に応じて各相続人が負担することになります。既に支払われているのであれば、その分の求償は可能です。また、固定資産税も同様に法定相続分に応じた負担となります(ただし、店の名義移転が気になります)。寄与分については、可能性はあると思いますが、店の売り上げ(利益)状況によると思います。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

寄与分にあたるかどうかについては、基本的に相続人がそのように合意すればいいことになりますが、そもそも財産分けについて合意が得られないようですから調停を申し立てる必要があると思います。固定資産税などもその場で調整することになるでしょう。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 寄与分については,相続人間の合意がとれれば問題ありませんし,今回のケースで商店の売り上げを伸ばし相続財産の形成,維持に貢献したということであれば,認められる可能性はあると思います。
 お父様の債務(固定資産税等も含む)についてちょこ様及びお母様が負担された分について,本来債務は法定相続分に従って負担するのが原則ですので,この点も考慮して遺産分割調停の中で協議されるとよろしいかと思います。
 なお,生命保険金について,お母様が受取人となっていたのであれば,これについては相続財産とならず,お母様の固有財産となります。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口