みんなの相続Q&A - 遺留分について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç•™åˆ†ã«ã¤ã„て

キーワード

相談窓口

遺留分について

お世話になります。10月に母が亡くなりました。公正証書遺言があり、姉が遺産のほとんどを相続する内容で、私の相続分は遺留分よりかなり少ない額となっていました。姉が遺言執行人に指定されており、相続人は姉と私の二人だけです。遺言通りに分割した後、遺留分減殺請求をしても一旦他の人の所有物になってしまった物を取り返すのは非常に困難だと聞いたことがあります。遺留分減殺請求をしたからといってスムーズに遺留分を取り戻すことができるのは稀なケースなのでしょうか。姉が分割手続きを終える前に遺留分を相続したいという意思表示を姉にしたほうが賢明゙でしょうか。宜しくお願いします。

質問者かな さん 質問日2012年12月2日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年12月2日

遺言に基づき所有権の名義移転をなされたからといって,遺留分減殺請求できにくくなるということはありません。
ただ,遺言に基づく所有名義移転が,遺留分減殺請求により,無駄になってしまうこともありますので,どうせ請求するなら,早めにするのがお互いのためです。
遺留分減殺請求は,内容証明でしてください。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年12月7日

早く遺留分減殺請求した方が良いでしょう。話し合いで解決しないときは催告無くいきなり訴訟(請求)をすることも可能です。不動産については遺留分権利、例えば1/8であればその共有登記、預金・その他の遺産も同様です。そしてそれらの評価額があなたに認められた相続分の額より少ないことの主張・立証をする、そんな法律構成になるかと思います。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺留分減殺請求をされるご意向であれば,速やかに減殺の意思表示を行うことが円滑な相続手続のために有益と思われます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口