みんなの相続Q&A - 相続放棄と葬儀費用の支払いについて

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„と葬儀費用の支払いについて

キーワード

相続放棄 負債・借金 葬儀費用

相談窓口

相続放棄と葬儀費用の支払いについて

父が数百万の借金を残して死亡したために相続放棄を考えています。

プラスの財産は預金などは無く、手持ちの現金10万円程度しかありません。
葬儀も簡素なものでお布施込みで60万円程度で済ませましたが、葬儀の際に香典として80万円ほど頂く事になりました。

相続放棄をする時に、相続財産を葬儀費用の一部に充てても相続放棄には問題ないという考え方もあるようですが、葬儀費用を超えるような香典を頂いた場合、例えば今回の財産10万円は葬儀費用として使った事にして、手元に香典が30万残るような形にもできるとも思えるのですが、香典で葬儀費用を全て払える額を貰った以上は、それで全て払った事にしないと相続放棄は認められないという事になってしまうのでしょうか?

質問者リンドウ さん 質問日2012年11月29日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年11月29日

遺産を葬儀費用に使っても相続放棄は認められるという考え方はありますが,どこまでだったら許されるのか(葬儀費用の額だけで判断するのか,香典の関係も考慮するのか,香典が葬儀費用を上回ったらどうなのか)という点については,明確な基準はないと思います。
心配でしたら,10万円には手をつけなければいいと思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年12月3日

葬儀費用は原則として相続人が負担するものと、法的にはそう考えられています。相続財産から支給し得る場合は、被相続人の社会的地位により葬儀費用が相当かかるなど、相続財産で負担することに特別問題のないときなどです。
香典は、相続財産ではないからそれが10万円余っても相続財産を取得したことにならず、放棄とは関係のないことです。単純承認にはなりません。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続放棄をするのであれば,10万円は使わない方がよろしいかと思います。
 相続財産の葬儀費用の一部に充てても大抵相続放棄をすることはできますが,基本的には葬儀費用は喪主が負担するものとされていますし,今回のケースのように香典で葬儀費用を賄えるのであれば,10万円について葬儀費用で使ったのではないとみなされるリスクはあると思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

ロウタス法律事務所
専門家ロウタス法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年12月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

10万円は使うべきではないと思われます。
相続人が遺産たる預金を解約して仏壇墓石を購入した行為について、京都家裁審決平成14年3月27日は「相続財産の処分」であるとして、その後の相続放棄申述を却下しました。他方、この事件の抗告審である大阪高裁は、「相続財産の処分と断ずることはできない」として相続放棄を認めていますが、理由の中で、仏壇・墓石が社会的に不相当で高額でないこと、仏壇・墓石の購入が香典と本件預金だけでも不足し、相続人が自己負担もしていることを考慮しています。
そうすると、本件のように香典の余剰があるのに遺産である現金10万円を使用することは「相続財産の処分」に当たると判断される危険がありますので、避けるべきでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口