みんなの相続Q&A - 相続時精算課税制度他

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ™‚精算課税制度他

キーワード

相続税 養子縁組 贈与税 手続き 相続時清算課税制度

相談窓口

相続時精算課税制度他

今回、私たちが居住するために義父名義の土地建物をリフォームしようと考えております。一般的な考え方として、贈与、相続税がかからない方法で手続きを行っていきたいと思っております。

義父から妻に土地建物を贈与(相続時精算課税制度を適用)。リフォーム代金は私がローンを組むおよび資金をだすと夫婦間贈与にあたるので、持ち分を入れる。こんな流れが一番よいのでしょうか。

ちなみに義父は一度、私を養子縁組して、相続時課税精算制度を使い、平等に持ち分をわけ、その後、養子縁組を解消したらどうかと言っております。

質問者若パパ さん 質問日2012年11月28日

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

土地建物のリフォームについては、若パパ様がお考えになられている流れが、一番現実的なように思います。養子縁組の件ですが、一旦養子縁組した後、解消した場合であっても、相続時精算課税の効力は有効です。ただし、相続が発生した際に、贈与財産を含めた義父様の遺産額が基礎控除を超えた場合には、結果的に相続税が課される結果となるため留意が必要です。(その場合、相続人以外の者となるため、相続税も2割加算されます)

別途ご質問がございましたら、お気軽にご相談下さい。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口