みんなの相続Q&A - 母親違いの兄弟

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ¯è¦ªé•ã„の兄弟

キーワード

遺産分割 遺産相続の割合 相続放棄 負債・借金 手続き 相続財産 財産目録

相談窓口

母親違いの兄弟

母親違いの兄が二人います。
先日長兄が亡くなり、次兄から相続開始の知らせがきました。
長兄は独身で子もないため相続人は私と次兄です。

つきあいがほとんどなく居住地も離れているため、どのように相続を進めていけばいいのでしょうか。まずやるべきことを教えてください。

次兄に借財の有無も含めた相続資産内容を聞こうと思うのですが、その内容が正確かどうかど確かめる方法はありますか。

また、相続する場合私の相続割合はいかほどですか。
放棄する場合は私が長兄の居住地までいかねばなりませんか。

質問者マル さん 質問日2012年11月27日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年11月27日

相続財産のリストと,その疎明資料を送ってもらえばいいかと思います。外に財産か借金があるかは,次兄自身も分からないことは分からないので,確かめようがありません。そこは割り切って,決断してください。
相続割合は,次兄の1/2です。したがって,総遺産について1/3の権利を主張できます。
相続放棄の手続は,郵送でもできます。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月27日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺産分割の交渉は手紙等でやりとりを行うことが可能です。まずは遺産や負債の内容について確認を求めることが考えられます。
遺産の内容が開示されたら,預貯金については金融機関に,不動産については登記簿謄本を取り寄せるなどして確認を取ることが可能です。
債務については債権者からの通知などを示してもらうことが必要と思います。
相続分は,いわゆる半血兄弟であれば全血兄弟の半分となります。
相続放棄を行う場合は,被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に行いますが,郵送でも可能です。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 まず、やるべきは遺言の有無の確認や遺産の調査ですが、長年付き合いがないのであれば難しいのかもしれません。次兄に相続財産の内容を聞くというのが一番でしょう。内容の正確性ですが、正確に調べることはできません。不動産であれば登記を確認することができますし、預金であればどこの銀行に口座があったはず、というところから見ていくことになります。
 マルさまは、被相続人である長兄からみると「半血兄弟」ということになるので、次兄とマルさまは2:1の割合で遺産の分割を受けることになります。
そして、相続放棄は亡くなられた方の住居地の裁判所で手続が行われます。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

次兄のかたと手紙等でやり取りできるでしょう。ただ放棄の期限との関係もあるので、放棄の可能性も含めて弁護士に依頼してみてはどうでしょうか?

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

次兄に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口