みんなの相続Q&A - 山林と預金の放棄(2)

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å±±æž—と預金の放棄(2)

キーワード

相続 贈与・生前贈与 遺産分割 相続の対策と準備 相続放棄 限定承認 銀行預金

山林と預金の放棄(2)

多くの御回答に感謝します。
続けて恐縮ですが、父の評価額1億を超える山林(周囲が別荘地のため評価倍率60から70)が遺されたので、
母がそれをすべて相続し、10年以内には到来するであろう次の母からの相続の際には、
母の預金、数千万もろとも放棄する覚悟で現在父の遺産分割手続きを進めていました。
しかし複数の先生方から母が継いだ山林と母名義の預金を
分けて相続できる(選択放棄?が可能)とのお答えがありました。
母の数千万の預金と宅地だけを生前贈与または死後に相続して(贈与税、相続税を払って)、
1億相当の山林だけを相続放棄する(物納でなく)方法があるという解釈でよろしいのでしょうか?
またそれはどういう手続きを踏むのでしょうか?
相続には単純承認、限定承認、放棄の3種しかないと思っています。
ちなみに税務署での相談では被相続者の山林とそのほかの現金資産は分離できず、
一括で放棄するか単純承認しかできない、また山林物納は受け付けない、と聞かされていました。
なお相続資産の中に負債は一切ありません。

質問者石見 さん 質問日2012年11月12日

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続の放棄は全体についてするか、しないかになるので、個々の財産について放棄する、しないとすることはできません。結局相続放棄をするものの他の方法でお母さまの預金を引き継ぐ方法を考えよう、ということです。
一つの方法としては、生前に贈与をして(贈与税の負担はあります)、いざ相続ということになった場合には、家庭裁判所に相続放棄の申述をすることができます。また、預金について「遺贈する」という遺言を作成しておき、相続を放棄するという手段もとることができます。
 

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

私の想定しているのは、父上の相続では全部を母上が相続する、母上は、その代償としてそのほかの相続人に法定相続分相当額を支払う、とすることで今回の相続を処理する。代償金は、相続分から、あるいはこれにプラス自己の預貯金から。
その後、母上の相続については、どれだけのものが残るのかは分かりませんが、可及的に山林以外のものを残さないように検討し、最終的に、例えば山林だけが相続財産となった場合に、物納が出来なあいのであれば放棄をする、ということになるのでしょう。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

山林に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する