みんなの相続Q&A - 自己破産者の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è‡ªå·±ç ´ç”£è€…の相続

キーワード

相続 遺言と遺言書 不動産の相続 名義変更 土地の名義変更 破産

相談窓口

自己破産者の相続

こんにちわ、ふみひろと申します。
自分は過去(7年程度前)に自己破産をいたしました。

父方の祖父が亡くなり遺言状に孫である
私に父に相続させるつもりだった土地を相続させると
ありました(父はそれ以前に他界しております。)

現在、土地は叔父の名義になっているのですが
その土地を私が相続する事は可能なのでしょうか?

7年程度しか期間が経っていないので相続する上で
不都合があったりするのでしょうか?

質問者ふみひろ さん 質問日2012年11月1日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年11月1日

過去に自己破産をしても,相続を受けることになんら問題はありません。
ただ,現在,叔父名義になっているというのは,遺言の内容に抵触する生前処分を,祖父がしてしているからということではありませんか。そうでしたら,遺言の撤回があったものとみなされ,相続はできません。
ただ,ふみひろ様は,相続人として,遺留分権利者として,権利を行使することはできます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年11月5日

祖父の土地が叔父名義になっているのであれば、その遺言書によってあなたに登記することは出来ません。先ず、当該土地は祖父の所有であることを確定し、登記名義を祖父にして、あなたへ相続の登記をしなければなりません。7年前の破産は関係ありません。破産後は自由に財産を受領できます。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

法的に破産をし免責を得ているのであれば、その後の財産の取得に支障はありません。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 過去に自己破産をされていても,相続をすることについては何ら問題はありません。
 しかし,現在土地が叔父様になっている点は問題です。どういった事情によってその名義になっているのでしょうか。
 仮におじい様が叔父様に生前贈与するなどしていたとすると,遺言の撤回があったものとみなされて,ふみひろ様が相続できない可能性があります。
 ですので,その点について叔父様に確認する必要があると思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年11月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 破産と相続は別のもので、破産したからといって相続できないということはありません。
 また、破産時に「免責」といって従前の借入金を返さなくても良い、という決定を受けているかと思います(通常は、このために破産をするのであって、免責を受けていないことは無いかと思います)。そうであれば、かつての貸し主からその土地を売って返済しろと求められることもありません。
 このように、ふみひろさまがこの土地を相続するに当たって不都合なことはありません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口