みんなの相続Q&A - 遺産相続に関する疑問点

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã«é–¢ã™ã‚‹ç–‘問点

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 争続・トラブル

相談窓口

遺産相続に関する疑問点

遺産または財産の相続に関して質問させて頂きます。
2008年の5月に私の母方の祖母がなくなり(祖父は以前より他界),孫である私に初めて相続の問題が生じました。母は一年前の2007年の3月になくなったためです。
相続の指揮をとったのは叔母で、当時私は,遠方に暮らし,かつ実印を所有していたので書類を送るように頼んだところ,
断固拒否され逆に,実印を私の父に送るように言われ私は実印を送りました。
父は詳細な相続の内容を把握させてもらえず。こことここに押すよう叔母に言われおしたのです。
それから数ヶ月して私は相続の配分の40万円を受け取りました。
納得できないのは、相続の内容や配分その他の書類を一切叔母は,父と私には報告せずいたのです。真実が知りたいにもかかわらず,いたずらに時が過ぎました。
叔母の受け取り分がどれくらいかわかることは,祖父母の家をもらっています。
しかし、私及び父には説明無しに解決したとは納得できないのです。今からでも真実を知ることは出来るのですか?
よろしくお願いいたします。

質問者kibito さん 質問日2012年10月29日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年10月30日

実印は,いかなる場合も送ってはいけません。
遺産がどれだけあったか知りたいということでしょうが,知っても,何か請求できるとは思いませんが,納得できないというなら,叔母に直接聞いてみたらいかがでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月31日

その叔母は、あなたの実印を使って遺産分割協議書を作り、家(土地?)を自分名義の登記をしたということですか?
そうだとすれば、それが全相続人の意思であれば問題ないのですが、あなたや父の意思に反している。それは、あなたは父に、父はその叔母に実印・印鑑証明を渡したからです。実印などを人に預けるものではありません。特に相続のときはそのような結果となりますから。
今、遺産分割の内容を知るには、登記所(法務局)から、叔母が名義を移した登記一式のcopyを取り寄せることです(法務局にはまだ保管されている筈です)。やり方が判らなければ、司法書士に依頼することです。
その後、遺産分割協議書は偽造(本人の意思に反して実印が押された、署名はしていない)による無効の裁判を起こすことも出来ます。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

本件では遺産として不動産が存在するようですので,管轄の法務局に遺産分割協議書の写しが保管されていると考えられます。
したがって,この写しの開示を求める方法が考えられます。
法務局に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 一度成立した遺産分割協議の効力を覆すのは容易ではありません。少なくとも訴訟にはなると思います。
 ただ,相手方の誤った説明により,取得できる額を大幅に誤った場合に,遺産分割協議を錯誤によって無効とした裁判例もあります。
 まずは,相手方に対して遺産分割協議書を開示してもらってはいかがでしょうか。
 その上で,当時の相手方の説明含め,直接専門家に御相談されるのがよろしいかと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 実印を押したということは、その内容に承諾したと一般的には捉えられるので、今になって分割内容を覆すのは困難です。どのような内容であったのかを問い合わせてみるのも一つの手でしょう。遺産に不動産が含まれているので、その登記の時に遺産分割協議書が必要となります。手続書類は登記所で一定期間保管してあるので、その開示を求めるのも手でしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口