みんなの相続Q&A - 執行者解任できますか

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åŸ·è¡Œè€…解任できますか

キーワード

相続 遺留分 遺言と遺言書 遺言執行者 財産目録 遺産分割 遺産相続の割合

相談窓口

執行者解任できますか

長男Bの息子です。

Aの遺言書には長男B(闘病中で寝たきり)に大半を残すような内容です。
遺留分を請求されました。

執行者C(相続人)が、司法書士を起用(相続人Dの息子)したことは、問題ないのでしょうか?
目録やAの通帳を返してもらえません。

すべて執行された後ですが、まだ10ヶ月経ってはいません。

後になって知ったのですが、執行者Cの子供の通帳にすべての遺産がまとめて入金され、そこから各々送金されたようです。

これは解任理由にはなりませんか?また違法ではないですか?
いくらかくすねることも可能だと思うのですが。

お知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

質問者アポロ さん 質問日2012年10月29日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年10月29日

1 遺言執行者は,相続人の請求があると,遺言執行の処理の状況,終了後も,処理の経過及び結果を報告しなければなりません。まず,報告を求めたらいかがでしょうか。銀行口座の解約金等が判明すると思います。
2 遺言執行者が,「やむを得ない事由」がないと,第三者に任務を丸投げの形で委任することはできません。司法書士に登記を依頼するとか,個々の行為を委任することは構いません。
3 遺産が執行者Cの子供の通帳にまとめて入金されたということですが,理由は分かりませんが,遺言執行者が自己の責任でやっていることなら,違法とまでは言えません(実際,遺言執行者が,何もできなくて,そのこどもが全てを行っていた可能性はありますが,それは,2の丸投げの問題となります)。
4 解任手続は,裁判所へ審判の申立てをする方法によりますが,たとえ,遺言執行者が自ら執行しなかったということがあったとしても,遺言執行が終了してしまうと解任できません。
5 遺産を「くすねた」場合,それは,直接,遺言執行者宛に損害賠償請求等をすればいいかと思います。1で触れましたが,まず,報告を求めたらいいかと思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月31日

遺言執行者が、その任務執行につき司法書士を依頼したことは、特に問題はありません(当該司法書士に手数料を払っていない限り)。執行者が、預金をまとめるのは通常で、そこに不正(横領など)が無い限り問題はありません。すなわち解任することは出来ません。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言執行者が任務を怠るなど正当な事由があれば,遺言執行者の解任を家庭裁判所に請求をすることができます。
 しかし,遺言執行者は相続財産の管理その他遺言の執行に必要な行為一切を行うことができますので,御相談の方法により執行をすること自体は違法ではないと思います。したがって,それだけでは解任するだけの正当な理由はないと思います。
 ただ,実際にくすねている場合には,業務上横領等に該当すると思いますので違法となるでしょう。
 まずは,目録やAの通帳の開示をその司法書士の先生に求めてみて,どのように執行されたのか説明を受けるのがよろしいかと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 司法書士の起用については、遺産の登記をする等の業務上必要なものとして行われている以上、問題はないと思います。
 遺言執行者が任務を怠る場合には家庭裁判所に解任を請求することができます。しかし、執行が終わっているのであれば、「解任」ということはありません。仮に何らかの業務が残っていたとしても、お話の内容からでは解任に至るような事情はないと思います。
 もし、執行者の子どもの通帳に入金されたお金の一部をくすねたとすれば、解任という方法をとらなくても、直接返還を求めれば足ります。
 遺言執行者は、その業務の報告をしなければいけませんので、まずは報告を求めて不明な点があれば問いただしていけばよいのではないでしょうか。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口