みんなの相続Q&A - 遺言信託費用

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€ä¿¡è¨—費用

キーワード

相続 遺言と遺言書

相談窓口

遺言信託費用

遺言信託を検討してますが、執行する時の手数料が100万円以上かかると言われました。この費用はお葬式代と同じで必要経費として相続財産から差し引かれて相続税の計算されますか? 遺言信託のメリット、デメリットを教えてください。もめなければ必要ないものかなと

質問者ゆきゆき さん 質問日2012年10月21日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年10月21日

信託銀行が提供している遺言作成のお手伝いや,執行等のサービスを利用したいということでしょうか。その費用は,相続税の計算上,控除されません。
たしかに,もめなきゃ必要ないものですが,もめるかどうか,先のことはわかりません。
結局,遺言の作成が面倒かどうか(遺産がたくさんあり専門家の智恵を借りなければいけないのか),執行がどれほど大変か(相続人がやったら大変かどうか)等を検討し,あとは手数料に照らして,どう判断するかという問題です。弁護士に依頼したら,どれくらい(報酬のこと)でやってくれるかということも検討してみてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月24日

執行の費用は、遺言者死亡後のものですから相続負債とはなりません。(相続財産から差し引かれない)葬儀費用も原則として相続人負担です。

遺言信託にメリットはない、費用がかかるというデメリットがある、と思います。
遺言信託は、普通の信託と違い信託を受けた専門業者が信託財産の運用をして利益を上げるというものではなく、信託会社は、①遺言作成についてのコンサルティング②遺言書の保管③遺言の執行、をするだけです。
これらのことは、普通の人でも出来る。執行について分からなければ、そのとき専門家に相談または委任すれば良い。ふつう執行は、信託業者(信託銀行)が行いますが、その料金は専門家の弁護士などより高い。また、執行につき法的手続を要するときは、別に弁護士・司法書士(登記)の費用を追加されるでしょう。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺産整理業務に関する銀行の費用を相続財産から差し引くのは困難と心得ます。詳しくは税理士先生からの回答をお待ちください。

金融機関での遺産整理業務では多額の費用がかかる事が一番のデメリットです。また、財産のある方には、後ほど投資信託や生命保険の営業がありうるので、こういった事を煩わしく感じる方にはデメリットとなります。また、他の金融機関の名義変更をやってくれない金融機関もあると聞いた事がありますので、確認してください。メリットとしては、信用力が高い点です。また、優良顧客として対応されますので、気分が良いです。なお、金融機関の報酬以外に、相続税申告の税理士報酬や登記申請の為の司法書士報酬およびそれらの費用が別途かかります。

費用が気になるならば、行政書士もお勧めできます。私もそうですが、報酬が銀行ほど高くありません。事案次第(資産状況など)では半分以下で同様の事ができます。一考の余地もあるかと存じます。

******************************************
埼玉県行政書士会会員  服部隼和
℡ 049-248-0868
HP(相続)http://souzoku-madoguchi.jimdo.com/
  (設立)http://seturitu-kaigyou-sien.jimdo.com/
(許認可)http://kyoninka.jimdo.com/
******************************************

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言がどれだけ複雑なものかによって判断が異なると思います。遺言執行者がいるとか、あるいは個別の遺言執行で対処できるとか・・・。まずは弁護士など専門家に相談したほうがいいと思います。その段階で費用の比較ができるでしょう。

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言信託の執行手数料は、相続税を計算するうえで相続財産から控除できません。
 遺言信託を使うメリットですが、遺言の作成をお願いできる他、特に相続が生じた場合の面倒な遺言執行業務を全て信託銀行に委託できることにあります。遺言によっては、その遺言を執行する方(遺言執行者)を予め選ぶ必要がありますが、そもそも遺言執行者には面倒な事務手続きをお願いするため遺言執行をお願いできる方が見つからない場合や、いざ相続が生じた際に万が一その遺言執行者が高齢等の理由で上手くその遺言が執行できない場合などのリスクを排除しておきたいときに、遺言信託を選択するメリットがあります。
 ご存知の通り報酬も割高ですので、特に遺言をしっかりと執行してもらいたいと強く思われる場合に、依頼されることをお勧めしてます。無論、遺言信託を使わなくとも、気をつければ遺言の執行はしっかりを行うことができます。弊社の経験上、依頼者の方と一緒に遺言信託に関する説明を金融機関等から聞く場合も多いので、もし不安でしたら、お気軽にお声掛けください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口