みんなの相続Q&A - 遺産分割からひかれるもの

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²ã‹ã‚‰ã²ã‹ã‚Œã‚‹ã‚‚の

キーワード

相続 遺産分割 固定資産税 年金 葬儀費用

相談窓口

遺産分割からひかれるもの

父親がなくなり、
遺産分割が行なわれることになりました。

兄は、父とずっと一緒に住んでおります。
介護が必要なくらいまで、体がうごかなくなり、最後は老人ホームに入りました。

家・土地を兄が相続するので変わりにお金を提示してきましたが、そこからいろんなものが引かれています。これらはひかれて当然の費用なのでしょうか?費用は1/2こちらが負担すべきといっています。

・今までかかった固定資産税(数十年分 その間私はお嫁にいって実家では住んでいませんでした。が、推測では親名義の土地なので親がずっと払っていたと思われる。意識がはっきりしていた頃は、家計は別としてやりくりしていたので。)
・父の年金では足りなかった父の生活費(介護を始めてからの20年分)
・父のために手すりをつけるなどリフォームをした費用
・葬儀費用(兄が喪主で勝手に思うような葬式をして私は葬式にすら呼ばれなかった)

推測では、年金はかなりもらっており、それで十分毎月の費用はでているはずです。一緒に住んでいる人間が負担するもので、父の不足分の生活費や、介護費用などは私には支払い義務はないと思っていますが、違うのでしょうか?
結局、ほとんど残りません。単に、兄は父の財産を自分たちのものにして事業にあてているから、出せないのだと思います。
今までの父のためた貯金もいつの間にか消えていますし、それも介護にまわしたといっていますが真偽は定かではありません。

質問者メイリン さん 質問日2012年10月19日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年10月20日

具体的に、何が引かれるかは、質問内容からは判断できません。裁判所に、遺産分割の申立てをすれば、相手方が、寄与分として、証明できたものしか引かれませんし、葬儀費用を差し引くこともできません。介護費用も、そのまま引けるわけではありません。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

同居の場合どこまで立替金があるかははっきりしません。その証明責任は兄側ですので、あなたは、二分の一を請求すればいいでしょう。遺産分割調停を提起しないと解決しないでしょう。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 寄与分や立替金としてどれだけが控除されるかは,御質問の内容だけでは判断しかねます。
 ですので,遺産分割調停を申立てて,裁判所の関与の中で,相手方に寄与分や立替金の額を主張させればよろしいかと思います。
 その中で,貯金額やその使途についても明らかにするのがよろしいかと思います。
 いずれについても,メイリン様の側で主張・立証しなければならないことではなく,メイリン様は2分の1を請求し,相手方がそれに対する反論として立替金や寄与分を主張しなければなりません。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

先方が差引を主張している金銭について、立て替えているのであれば、その主張は正しいものです。しかし、立て替えているのか、それともお父さまの財産から支払っていたのか、お話からでは分かりません。説明を求めても、十分な証拠が出てこない可能性もあります。調停を申し立て、その中で先方に証明するよう求めていけば良いと思います。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口