みんなの相続Q&A - 特別受益

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç‰¹åˆ¥å—益

キーワード

相続 遺産分割 特別受益 争続・トラブル

相談窓口

特別受益

遺産の分割で兄ともめています。

兄は母から生前「連帯保証人になった為の借金返済」「家を買ったときの資金援助」を受けていましたが十数年前のことで証拠がなく相続から差し引くことが出来そうにありません。

質問内容ですが「特別受益」あたるのではないかと思うの事があります。

兄には再婚相手との間に子供が2人いますが、前妻との間にも子供が2人おり、母が引き取り幼少から成人するまでの生活費・教育費・健康保険料、その他お金がかかるものすべてを負担し育てました。
その間、兄は養育費を一切払っていません。

この継続した生活費等の負担金は「特別受益」にあたらないのでしょうか?

兄には多額の援助をしたので残った土地・建物を私の名義にと言っていたのですが、遺言書がなく、このまま法定どおりの分割では納得できないのですが、諦めるしかないのでしょうか?



質問者くまこ さん 質問日2012年10月19日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月24日

原則的には被相続人が相続人ではない者に生前贈与することは、特別受益とはなりません。但し、その贈与が実質的に、ある相続人に贈与したと同様の結果になる場合は、認められることがあります。
この質問と同様のケースにつき、古い審判例に(昭和47年12月28日 神戸家裁尼崎支審)特別受益を認めたものがあります。このケースでは、親が子を残して家出をしたのですが、これを扶養義務懈怠であるからとしています。
本件では、相続人の先妻の子を被相続人に依頼したとも考えられ、再婚相手にも子が2人居るし、相続人(兄)の経済的負担を少なくする為であったとも思われます。
審判を申し立ててみるべきではないかと思われます。(調停は兄の同意がない限り成立しない)

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

審判レベルでの特別受益にあたるかは詳細を見ないと判断できないと思いますが、調停を申し立てて調停委員の意見を参考にしながら納得のいく解決を探ったほうがいいかと思います。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 お母さまが負担したお兄さまご家族の生活費は特別受益に該当する可能性はあると思います。
 遺産の分割について、お兄さまはどのようなことを話されていらっしゃいますか?平等にと言って譲らない様でしたら、遺産分割調停を申し立ててみるのも手です。ご自分でなさることも可能ですが、手続等も含めて弁護士に相談して下さい。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

連帯保証や家購入の援助なども調べて行けば証拠が出てくるかもしれません。生活費援助も特別受益となります。諦める必要はないとおもいます。

弁護士の回答

宇多法律事務所
専門家宇多法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

孫に対する贈与でも,金額や内容によっては,相続人である親の特別受益になる可能性はあります。
また,10年以上前の資金援助について,証拠がないということですが,お母様の通帳があれば,引出などが証拠となる可能性もあります。
一度専門家に相談されては如何でしょうか。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口