みんなの相続Q&A - 遺言執行者

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€åŸ·è¡Œè€…

キーワード

相続 遺言と遺言書 相続放棄 遺言執行者 手続き

相談窓口

遺言執行者

弟(独身)が亡くなりました。私に財産を相続させるとの遺言書を残していました。遺言書で遺言執行者として弁護士が指定されていました。
借金が多いため相続放棄をしようと考えています。そのことを執行者の弁護士に伝えたところ親族もあわせて相続放棄をしないと後々恨まれることになるとの助言とともに相続人確定のための戸籍調査に納得のいかない法外な金額を請求されました。
ですのでできれば執行者を通さず私自身で戸籍の取り寄せや相続放棄の手続きをしたいのですが、それは可能でしょうか?
執行者が指定されていれば必ず執行者を通して手続きしなければならないのでしょうか?
教えていただけると助かります。

質問者金子 さん 質問日2012年10月11日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年10月11日

相続放棄の手続は遺言執行者の仕事ではありません。遺言執行者にはお気の毒ですが,依頼しなくても構いません。
戸籍の取り寄せは,慣れてないと多少面倒かも知れませんが,自分でできます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月15日

相続関係の親族の戸籍謄本はあなた自身で取れるはずです。
執行者は遺言どおりに手続をするだけです。その他のことは他の人に委任出来ます。ですので、相続放棄もあなた自身で出来ます。ご自身が相続人であることを知った日から3ヶ月以内に相続放棄の申述書を家庭裁判所に提出すれば良いだけです。あなたが放棄したことにより、他の人が相続人となっても、その人もまた自分に相続があることを知ってから3ヶ月以内に手続をすれば良いのですから、例えば行方の分からない人が居たとしても何年経過していても、放棄したければすることが出来るでしょう。

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄の手続きはご自分でできます。遺言執行者を通してする必要はありません。また、他の親族とする必要もありません。
相続放棄に必要な戸籍は、あなたの戸籍、弟さんの除籍謄本、あなたと弟さんが兄弟である戸籍、ご両親が亡くなっている戸籍が必要です。役所の戸籍係へ行き相続放棄のために必要な戸籍の申請をすれば対応してくれます。
弟さんが亡くなった住所を管轄する家庭裁判所へ連絡し、相続放棄の申述に必要な書類と費用を聞き、裁判所の受付に行けば容易にできます。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言執行者の仕事はあくまでも遺言の内容を実現することです。金子さまが相続放棄をするかどうかの手続自体には関係ありません。したがって、ご自身で手続をされても問題はありません。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続放棄をした場合には,初めから相続人とならなかったものとみなされます(民法939条)。
 遺言執行者は相続財産の管理等,遺言の内容を実現する手続を行う権限を有するものですので,執行者を通じて相続放棄をしなければならないということはありません。
 金子様が相続放棄をされると,次順位の人が相続人となってしまいますので,そのために,あわせて相続放棄することも考えられますが,金子様が相続放棄をされた後で,その旨を遺言執行者に伝えて,その人たちが相続放棄をするか判断されれば問題ないと思います。
 少々面倒かもしれませんが,戸籍の取り寄せ等も御自身ですることはできます。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

弁護士事務所への報酬が法外かどうかはわかりません。弁護士の先生に依頼する以上はそれなりの金額はかかります。事前に報酬の概算などは確認しておくべきでした。

遺言執行者は遺言の執行をするのが仕事です。貴方の相続放棄の手続きや戸籍の収集は、貴方自身で家庭裁判所に申し立ててすることができます。

この場合、受遺者としての地位をどうするか?検討する必要があります。実はこれは難しい問題ですので、ご自身ですべて手続きをされる場合は、裁判所で確認、相談してください。遺言執行者との打ち合わせも必要になるでしょう。

いずれにしても期限がありますので、お早めに処理してください。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄は執行者を通す必要はありません。あなたが単独でできますので、進めたらいいと思います。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口