みんなの相続Q&A - 相続放棄はできますか

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„はできますか

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金 手続き 連帯保証人 銀行預金

相談窓口

相続放棄はできますか

父の死後、すぐに定期預金を解約してしまいました。額面は、約600万円です。まったく使ってはいませんが、相続放棄はできるのでしょうか。父が仕事関係の連帯保証人になっており、多額の負債があると思われます。
また、現金の遺産として相続放棄申述書に記載しますが、その場合現金はどのように保管すればよいでしょうか。

質問者山本まゆみ さん 質問日2012年10月8日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年10月8日

解約だけでも「処分」となるという考え方も,使わずに現金として保管していれば大丈夫という考えもあるかと思います。
申述自体は受理されるとは思いますが,現金は,自分の財産と混じらないよう,何かの袋に入れて保管しておくか,あるいは,父親名義の普通預金口座に入金しておくのがいいでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月10日

その600万円を1円も使っていなければ相続放棄できます。預金を解約して相続財産を管理していることにすれば良い。まだ処分していないと考えられる。
相続放棄の申述書には、財産を具体的に記載する必要はありません。現金の保管方法は自由です。解約した600万円と一緒に新たに預金するか、貸金庫に入れておくか、要するに自分で使わなければ良いのです。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

費消していなければ一種の管理行為と見る余地はあるでしょう。放棄の申述自体は要件が整っていれば受理されるはずです。現金については、弁護士に相談して(相続放棄案件として)、その処理の一環として弁護士名で口座を設けてもらうのが一番かと思います。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 解約しただけで費消していなければ通常は大丈夫だと思いますが,御自身の財産と混同しないように保管することが大切でしょう。保管の方法は,お父様の定期預金であったことが明確になるような方法であれば結構かと思います。

渡部田中法理実事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 定期預金の解約が「処分行為」にあたり、相続放棄をすることができなくなる可能性もあると思います。解約した理由次第では(葬儀費用を捻出するため等)、相続放棄をすることができる可能性もあります。いずれにしても、手元にお金がそのままあるのであれば、相続放棄の申述手続を進めて下さい。
 現金の管理は、自分の財産と区別が付くように、別口座でも作って保管しておく様にしておいて下さい。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口