みんなの相続Q&A - 遺産分割について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割 小規模宅地の特例 遺産分割協議 相続税 手続き

相談窓口

遺産分割について

はじめまして。
昨年10月末に実父が他界し、相続が発生しました。すでに母親は14年前に他界しており相続人は兄と私の二人です。父名義の土地と家について、どちらが相続するかまとまらない状況です。万が一遺産分割が死亡日から10ヶ月以内にまとまらない場合、父名義の土地や家、あるいは財産はどうなってしまうのでしょうか。

質問者匿名希望 さん 質問日2008年7月25日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年7月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺産分けはいつまでにしなければならないという決まりはありません。ただ、相続税がかかるため相続税の申告が必要な場合は、申告のときまでに(10ヶ月以内)分割しないと小規模宅地の減額の特例等が適用できないので、不利になります。
 その場合でも3年以内に分割が確定すれば税法上の特例の適用は受けられます。
税理士 高山秀三

税理士の回答

大島庸生税理士事務所
専門家大島庸生税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年7月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺産分割について期限はありませんので、相続人間で納得の行くまで十分に話し合い、遺恨を残すことのないよう遺産分割協議を進めて、相続を完了して下さい。
協議をまとめて協議書が完成しなければ、所有権移転の登記が困難になりますので、是非、円満な形で終えられる事を祈念致します。

また、前提条件が不明ですが、相続する財産が基礎控除の範囲内、今回はご説明の前提条件から7,000万円(5,000万円+1,000万円×2名)
の基礎控除の範囲であれば、申告の心配もありませんので、ゆっくりと話し合いに時間を掛けられるものと思います。

但し、小規模宅地等の特例制度など、政策的配慮からの特例制度を活用して、相続税の減額をしたい場合は、相続税の申告期限(相続の発生から10ヶ月以内)までに、相続人間でキチンと分割を完了し、期限内に申告を行なわないと特例制度の適用を受ける事は出来ませんので注意が必要です。

いずれにしても、どの位の相続財産があって、どのような方針で遺産分割をされるのかを相続人間でしっかりと誠意をもって、かつ迅速に話し合い、お決めになられる事をお勧め致します。
とはいえ、感情のもつれからどうにも収拾がつかないという場合などは、第三者(弁護士など)の活用などもお考え下さい。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口