みんなの相続Q&A - 遺言執行者解任の可否

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€åŸ·è¡Œè€…解任の可否

キーワード

遺留分 遺言と遺言書 遺言執行者 財産目録 遺留分減殺請求 争続・トラブル

相談窓口

遺言執行者解任の可否

このたび、遺言についてトラブルがおきてしまいました。
相続人は3名、うち1名が遺言執行者で、財産の大半を彼女が相続します。財産目録もなく、私が遺してもらったものすらわからないので交付を要求しましたが、すぐにはできないと言われ4ヶ月経ちました。
事務処理の進捗状況を訊いても自分が遺言執行人であり、処理して行くというばかりで、状況は教えてくれませんでした。
そこで調べたところ、私に残されたものも解約されていました。しかし私には渡してくれませんでした。
最近、遺留分減殺請求を書面で送付したところ、ようやく財産目録が送られてきました。しかし処理状況はあいかわらず執行人は自分であり、目録は送付した、これが答えだというばかりです。

ずっと話が進まず、もう疲れてしまいました。可能なら遺言執行者を他の人にしてもらいたいのです。これだけでは解任と他の人の選任は無理でしょうか。調停か訴訟しかないのでしょうか。
申し訳ありませんが、現時点でできることを教えてください。よろしくお願いします。

質問者そらいろ さん 質問日2012年10月3日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年10月3日

1 遺言執行者は,家庭裁判所の審判手続を経て解任することができます(民1019)。
 手続に不慣れで,四ヶ月経ってしまった程度であれば解任理由にはならないと思いますが,あなたが遺言により取得した預金を解約しながら引き渡さないというのはおかしいですね。
2 解任手続をして他の人を選任するのが,手続を早期に進める最良の手段かどうかはケースバイケースです。
 すでに,遺留分減殺請求をしているようですので,減殺請求訴訟を提起して,あわせて,解約した預金の分も請求する方法も考えられます。
3 現時点でどうしたらいいかについては,遺言の内容と現状を把握しないと何も判断できませんので,専門家に相談してください。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月5日

「私に残されたものも解約されていました」
とは、あなたが相続すべき何かが遺言書に書かれていたと言うことですか?その財産は具体的に何ですか?解約が違法行為であれば遺言執行者の解任の申立、或いは損害賠償請求も可能です。遺言執行者は、遺言に書いてあるとおりに執行しなければならず、その目録作成も他の相続人から請求があるときは立ち会わせなければならないという規定があります(民法1101条)
遺言執行者の解任は家庭裁判所に申立てることになります。(民法1019条)解任の申立てのとき他の適切な人・相続人ではない第3者(弁護士)が良いと思います。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

自分が相続するとされた遺産について,これを遺言執行者が取得したにもかかわらず交付しないことは,遺言執行者としての任務懈怠に該当します。したがって,これを理由に,家庭裁判所に解任の請求を行うことが考えられます。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言執行者がその任務を怠るときは、家庭裁判所に解任を請求することができます。お話の内容からは解任が任務を怠っているとみられなくもないので、認められる可能性もあるかもしれません。先方の言い分もあるのでしょうから何とも申し上げられませんが、請求をしてみるという手段はあり得るかもしれません。その場合には、認められても認められなくても先方との関係悪化は覚悟して下さい。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言執行者の解任請求ができます。家庭裁判所に解任を申し立てることとなり、解任事由について裁判所が判断することになります。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言執行者の解任請求は可能ですが、裁判所の手続きなので時間がかかります。あなたが、取得した遺産がすでに解約されているのなら直接執行者に、引き渡しを請求すればいいでしょう。支払いしないなら弁護士に依頼すると言えば効果があると思います。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

遺言執行者の解任の申し立ては家庭裁判所にて行います。認められるかどうかは状況しだいですが、お話からすると認められる可能性はあるとおもいます。その場合は裁判所にて新たな遺言執行者を選任いたしますので、ご安心ください。

また、裁判所の関与を受けずとも、間にどなたか専門家を入れると解決するケースもありますので、検討してみてください。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言執行者が任務を怠るなど,解任をするだけの正当な理由がある場合には,相続人等の利害関係人は,家庭裁判所に遺言執行者の解任を請求することができます。
 そらいろ様のものも解約しているということで,公正な遺言の実現が妨げられていると考えられますので,解任するだけの正当な理由があると認めらる可能性はあるかと思います。
 財産状況等もう少し詳しくお聞きしなければわかりませんが,遺留分の請求については,相手方認めない場合には,訴訟をするしかないでしょう。
 開示された財産目録が正確なものかわかりませんが,不審な点等ございましたら,説明を求める必要もあると思いますので,一度,法律家に直接御相談されてみてはいかがでしょうか。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口