みんなの相続Q&A - 相続によるローン返済

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«ã‚ˆã‚‹ãƒ­ãƒ¼ãƒ³è¿”済

キーワード

相続 負債・借金

相談窓口

相続によるローン返済

私の妹の夫(義弟)がこの9月に66歳で病死しました。義弟名義のJAへの住宅ローンの残債が約650万円あります。義弟は既に年金生活者で妹は専業主婦です。
ローンの返済条件は金利が年利22%で毎月の筋斗雲払いで7年半での返済ですので、相当に厳しい状況です。従いまして、私から残債と同額を貸し付けて支援したいと思っています。
尚、ローン契約の際、当時のJAの規約か、話し合いでローン総額に見合う生命保険は掛けていませんでした。
下記条件で金銭貸借契約書を取り交わして、妹に貸し付ける予定です。
1)金利;ゼロで元金のみの返済
2)返済期間:15年
3)返済方法:6ケ月(又は3ケ月)ごとの銀行振り込み。
(妹は寝たきりの義母の介護があるため、できるだけ煩雑さを軽減してやりたいのと、送金手数料yの節約の為。
お手数ですが、上記条件で税法上問題が無いか、もしあれば最適の条件等を、御助言のほど、お願い申し上げます。
以上

質問者チャーリー さん 質問日2012年9月29日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年9月29日

650万円程度であれば、金利がなくても、税法上の問題は生じません。
契約書をちゃんと作り、返済がしっかりされている記録が残るようにしておけばいいでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月3日

金利ナシでも税法上は問題ないでしょう。元金は返済しなければならず、金利ナシは貸主の意思ですから。
ところで、住宅ローンの金利が22%ということはないでしょう。利息制限法にも違反します。2.2%の間違い?
妹さんは相続人ですから、そのローン(負債)を相続してるので、JAの方からそういう書類(名義替え)に印を押せと言ってくるでしょう。

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 チャーリーさんから妹さんへの貸付について、利息を収受していないため、厳密には、チャーリーさんから妹さんへの贈与が発生してます。
 しかし、貸付額と一般的な金利相場を勘案しても、110万円の基礎控除の範囲内ですので、贈与税の課税はありません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口