みんなの相続Q&A - 共有財産の家

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å…±æœ‰è²¡ç”£ã®å®¶

キーワード

相続 不動産の相続 固定資産税 不動産鑑定評価 寄与分 代償分割・代償金

相談窓口

共有財産の家

2012年9月15日に「相続について」のタイトルで質問させて頂いた者です。
沢山の先生からの回答を頂き有難う御座いました。

私は、共有財産の家を壊す事に反対している方の者です。

もし反対している二人が折れて同意し、家を壊して土地を売りたい者が代償金を支払を払う場合の金額は、家の固定資産税の金額の3分の2になるのでしょうか?

家は、ここ10年間でキッチンと床、洋間を和室に変えた、アルミサッシの窓を新しい物に変えた、エアコンを買い換えたりと、可なりリホームにお金を掛けております。

家の固定資産税は、築年数が古い為、可なり安い金額です。
その金額では、納得が出来ません。
どの様に決めると言う決まりはあるのでしょうか?

あと出来ましたら寄与分の金額の決め方も教えて頂けないでしょうか?

質問者Discus さん 質問日2012年9月29日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月3日

代償金の額は、このケースの場合売却代金が基準です。
寄与分の金額はケースバイケースであり、どのように寄与したのか分からないので金額は出せません。また、決め方の法則みたいなものはありません。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

代償金、基本的には話し合いですが、調停などでは、「路線価」の1.2~1.5倍くらいが使われています。寄与分については何を主張するかによりますし、まずはどれだけ主張したいか、ということになります。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 代償金は、建物の「時価」で計算することになります。「時価」をどう決めるのかが問題ですが、固定資産税評価額はかなり低いものになっています。当事者全員が納得すれば構わないのですが、相続税は路線価を規準に判断されるので、これを規準とするのが問題が少ないのかと思います。
 寄与分は、具体的事情が分かりませんので何とも申し上げられませんが、「相続財産の維持形成に寄与した程度」の額ということになります。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

不動産の評価については、様々な検討方法があり、決まりがありません。したがって、相続人が何らかの数字を基準に決める事になります。

土地については固定資産税の評価額、路線価等、実勢価格が基準になります。建物は、固定資産税の評価額が基準になります。すべては皆さんの協議しだいです。

寄与分の決め方も決まりはありませんので、相続人全員の合意で決めます。どういう理由による寄与分かにより、他の相続人への提案の方法は変わります。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年10月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

家の価値をどのように評価するかは自由ですが,固定資産税評価額が一つの目安になると思います。それをもとにリフォームで価値が上がったと考える額を上乗せするなどするといいのではないでしょうか。
 以前の御相談において,家を壊して土地を売却されるということでしたので,代償金として,家と土地を併せた評価額(更地の方が価値があることもあり得ます。)の3分の1にあたる額を,反対しているお二人それぞれが支払いをうけるというのが落ち着きがいいのではないでしょうか。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口