みんなの相続Q&A - 法定相続分の請求方法

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ³•å®šç›¸ç¶šåˆ†ã®è«‹æ±‚方法

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 不動産の相続 争続・トラブル 銀行預金 代償分割・代償金 遺産相続の割合 遺留分 遺留分減殺請求

相談窓口

法定相続分の請求方法

父がなくなり、
子供3人で分割協議を行なえばいいのですが、そのうち二人が共謀して、今現在住んでいる父名義の家と土地を自分たちに譲るという書類にサインをしてほしいといってきました。
が、こちらは、法定相続分の1/3を請求したいと返事をしました。実際には預貯金なども確実にあるはずなのですが、その件については一切ふれてきません。隠すつもりなのだと思います。

この請求は弁護士以外に頼むことはできないのでしょうか?調停になることも想定してやはり弁護士に頼むほうがいいのでしょうか?行政書士や司法書士とはどう違うのでしょうか?

相手に現金がない場合、家や土地を売って、もしくは銀行から借り入れをしてまで、払えという請求はしてもらえるのでしょうか? 法定相続分1/3をきちんととることは可能なのでしょうか? 現実問題として、可能かを知りたいのです。よろしくおねがいします。

質問者むに さん 質問日2012年9月24日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年9月24日

行政書士や司法書士は、代理人として、交渉することができないため、請求の書面を作成したり、それを送ったりするのが限界です。
相手に代償金を支払う能力がない場合、不動産を換価して、法定相続分で分ける方法が、法的にも認められています。
それを強制的に実現するには、調停・審判を経る必要があるので、弁護士に依頼するしかありません。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年9月28日

専門家に頼むなら弁護士です。
行政書士には依頼事項を処理する法的な資格がありません。司法書士は法的な相談や遺産分割協議書を作成することは出来ますが、法律問題につき、相手と交渉することは出来ません。裁判所関係では、申立書などの作成は出来ますが代理人となって裁判所に出廷したり、相手と交渉したりは出来ません。
あなたの相続分を確保するには、まず相続財産の調査をすることが先決です。預金は過去にさかのぼって出入金を調査することが出来ます。それがはっきりすれば、その1/3もはっきりします。
不動産を2人に譲るなら、その代価を計算に入れることです。とにかく弁護士に委せた方が、その報酬よりも得をするでしょう。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

預貯金が凍結されていれば分割協議や調停が必要になります。結局それらを含めて全財産が判明しないと分けられないし、不動産での分割が出来ないのであればどうするか、等も詰める必要があります。これらを掌握できるのは弁護士で、司法書士等は、決定事項の書面化はできても調整はできません。任意の折衝が出来ない状況であれば速やかに調停申し立てを検討すべきです。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

まずは預貯金を含む遺産の全体を把握し,その上で遺産分割協議を行うことになると思います。
 分割の方法は協議が整えばいかなる方法で行っても構いません。例えば,家と土地を先方にゆずる代わりに代償金を支払ってもらうことも,先方に現金がない場合にそれらの不動産を売却等して代金を分割するということもできます。
 任意で交渉がまとまらない場合には,調停,審判という手続をとる必要がありますので,本件に関していえば,司法書士や行政書士の先生方よりも弁護士の方が適していると思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

宇多法律事務所
専門家宇多法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続人間で遺産分割協議が整わない場合には,家裁に遺産分割の調停・審判を申し立てることになりますが,代理人となれるのは,弁護士だけです。
遺産分割では,特別受益や寄与分といった事項が問題となることもあり,確実に家の1/3の権利を取得できるかは詳しいお話を聞いてからでないと何とも言えません。
預金については,口座がある銀行が分かれば,父親死亡の事実を伝え,口座を凍結した方が良いと思います。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口