みんなの相続Q&A - 相続人

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šäºº

キーワード

相続 不動産の相続 相続財産 時効

相談窓口

相続人

平成23年5月に父が無くなり(母も7年前に無くなってます)相続の手続きを始めました。
姉 私 長男 次男の4人兄弟です。田舎の山奥の土地と山です。
固定資産税の通知でどれくらいあるか確認したのですが、分からない山がたくさんあり 森林組合で山林と原野を調べ、町役場に行って土地家屋償却資産課税台帳(名寄帳)を もらって来て確認、固定資産税通知に無い税金のかからない保安林が7ヶ所ほどあり、「お墓と原野3箇所が、父親の4代か5代前の名前では無いかと思う名義が有り 困っておます。」
お墓の場所は、周りの畑・原野(父名義)となっている真ん中に有り、お墓を守っていたのも 本家である私の生家で生まれた時から自分の家のものだと認識していました。当然 父の名義になっていると思っていたのですが・・・・・

町役場で調べましたが わからないので 4代か5代前のお爺さんからの印鑑を全部調べるよう言われましたが 不可能です。
先代から父が相続して守り始めて50年ほど立ちます。
時効取得は可能でしょうか。

質問者匿名希望 さん 質問日2012年9月21日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年9月21日

本家であれば,家督相続なので,必ずしも,相続人等利害関係人がたくさんでてきて,収拾不能ということになるとは限りません。とりあえず,戸籍を辿れるだけ辿って,相続関係を確認する必要があるでしょう。
調査の結果,名義人が何者か判明しなかった場合,不在者の財産管理人を選任して,訴訟して,時効取得を理由に,名義を移すという方法も考えられます。
専門家に相談して,手続を進めた方がいいでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年9月26日

時効取得はあなた方次第です。占有がありません。
そんなことよりも、当該相続財産に価値があるかどうかが大事なことです。往々にして田舎の土地を相続すると、固定資産税は毎年課税されるがこれを利用することも売ることも出来ないという状況になることがあります。そう言う場合は、それ以外に遺産がほとんどない場合は相続放棄した方が良いのですが、本件ケースでは期間超過により放棄できません。
先祖を調べるのは相続の場合、戸籍謄本によりますが入会地的な土地(共有者が複数居る)保安林など、名義は昔のままになっているものが多く、困ります。分からないものはほうっておくのも一つの手です。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

4,5代前であれば、通常の相続手続きでも可能ではないかと思うのですが・・・?

しかし、相続関係によっては時効取得をしなくてはならないでしょう。時効取得の場合は平穏・公然・善意無過失で占有していなくてはなりません。占有していた事実の立証が問題でしょうか?それについては、不可能ではないと存じますが、手続きが面倒です。以前に7,8代前の方名義の不動産を時効取得の話がありましたが、その時は、家庭裁判所にて不在者財産管理人を選任し、財産管理人を相手が方として訴訟をし、時効取得により所有権を獲得いたしました。本件も同様になるのではないかと存じます(詳細は弁護士先生からの回答をお待ちください)。時間もかかりますし、ご自身ですべて手続きをするとなると大変です。

通常の相続手続きで対応できるのであれば、その方が楽だと思います。ご検討ください。

以下、当事務所のホームページです。参考にしてください。
 http://souzoku-madoguchi.jimdo.com/

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

時効については「占有」つまりどういう風に使っていたかといった事実を確認しないと何とも言えません。時効が成立しうるとしても、訴訟で時効を主張して登記を得る必要があり、やはり「名義人」からその相続人を追っていく必要が生じてきます。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

先代とお父様を併せて20年間,所有の意思をもって平穏かつ公然と占有していたのであれば,時効取得はできますが,その場合でも,原則として,相続人の調査は必要になると思います。
 この点については,戸籍を遡ればある程度は判明すると思います。
 それでも判明しない場合には,不在者の財産管理人選任を申立て,その者を相手に訴訟によって時効取得を主張することになると思います。
 
渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口