みんなの相続Q&A - 予備的遺言

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > äºˆå‚™çš„遺言

キーワード

相続 遺言と遺言書 代襲相続

相談窓口

予備的遺言

予備的遺言と言う事を始めて知ったのですが、
古くから、またいつごろからあるのでしょうか?
代襲相続をさせないように
するためでしょうか?

質問者金ケ崎 さん 質問日2012年9月20日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年9月26日

遺言の内容において予備的なことを書くのは自由です。「ある事実が現在と変わった場合はこうする」とか。
代襲相続に限らず、相続人が誰であるかは法定され、且つ強行法規ですから、そこは遺言で変えることはできません。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続によって財産を与えられる者(受遺者)が被相続人より先に死亡した場合に備えて予備的に次の相続人を指定しておくことがあります。代襲相続をさせないために用いることもありますが,そのためだけというわけではありません。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹
 

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

予備的遺言については以前から必要に応じてつかわれております。遺言書作成のテクニックの一つです。各専門家はご相談を受けると、依頼者の希望に応じて、それぞれテクニックを使って、遺言書の原案をご提案しております。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

一般に予備的遺言とは、遺言書に誰々に相続させると記載しておいても、その人が相続開始時点までにさきになくなっていると、その遺言が無効になるので、誰々がなくなっていた場合には、このように相続させると記載することをいいます。いつ頃からあるかというと遺言制度ができてからあると言えるでしょう。

弁護士の回答

宇多法律事務所
専門家宇多法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

受遺者・受贈者が遺言者よりも先に亡くなった場合,遺言書から代襲相続人に相続させる・遺贈する趣旨が読み取れなければ,遺言が存在しないという状態になり,法定相続となります。
受遺者・受贈者が遺言者よりも先に亡くなった場合には,もちろん,遺言を作り直せば良いのですが,費用がかかったり,その時点で,遺言者に意思能力がないといった事態も考えられますので,受遺者・受贈者が亡くなった場合に,法定相続となるのが本意でない場合,予備的に誰に遺産を相続させるまたは遺贈するのかを予め決めておくためにする遺言です。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口