みんなの相続Q&A - 障害年金と相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éšœå®³å¹´é‡‘と相続について

キーワード

相続 手続き 年金 銀行預金

相談窓口

障害年金と相続について

先日、母親が他界しました。

母に土地・不動産など財産はなく、障害年金を受給しておりました。

入院中でしたので未払いの医療費を支払いしたら、
ほぼ受給したお金は残っていません。
子どもは私一名です。

死亡後にやらないといけない手続きに、相続の手続き
と聞きましたが、母の口座に残った僅かな金銭も
法的な手続きが要るのでしょうか。

お教え頂けると大変有り難いです。

質問者hikari さん 質問日2012年9月16日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年9月17日

相続の手続として、遺産分割協議と相続税の申告がありますが、質問の内容だと何れも必要なく、口座が凍結される前に、引き出しておけば、それで十分です。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年9月19日

相続の手続など不要です。
相続税の申告も、わずかな預金では不要です。
預金を解約しあなたのものにするには、相続人であることを戸籍謄本などで証明し、その通帳などを持って銀行に行けば、解約・払戻ができます。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 お母さまのお子さんが一人で、仮にお父さまが既にお亡くなりの場合には、相続人がhikariさまのみとなります。そして、僅かな金銭のみが相続財産であるならば相続税はかからないと思います。銀行で口座の名義を変更するか、全額引き出して閉鎖するかといった手続をとる位だと思います。
 なお、お母さまに借財があれば話が変わってくるので、この点をご確認されることをお勧めします。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄をされないのであれば,御相談の内容からすると相続人はhikari様だけということになりますので,相続人として口座の解約の手続をして,預金の返還を受ければよろしいかと思います。
 少ない金額であれば相続税はかかりませんが,もし御不安のようでしたら,税理士の先生に御相談されてみてはいかがでしょうか。
 
渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

手続きをしなければ相続できないというだけで、必要なければやらなくてもいいと思います。時期が来たら銀行が事項により取得するだけです。借り入れなどがなければ、そのままでも大きな問題はないと思います。

ただし、年金の手続きはしておいてくださいね。

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お伺いする限り、相続税申告書の提出義務はございません。
銀行口座が凍結されていると思いますので、銀行の窓口を訪ね、口座名義の変更に必要な書類等を聞いて下さい。
難しくありませんので、hikariさん御自身でもお手続き可能です。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口