みんなの相続Q&A - 遺産をもらうには

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ã‚’もらうには

キーワード

相続 遺留分 遺産分割 遺産分割協議 不動産の相続 遺産相続の割合 争続・トラブル 名義変更 銀行預金

相談窓口

遺産をもらうには

父がなくなり、父の兄弟から、遺産分割証明書がおくられてきました。「父名義の不動産を兄弟Aが取得したことを証明します」という内容です。
この兄弟は親戚たちから借金をしており、顔を合わせにくいのか、親戚を寄せ付けません。父の年金も自分たちのものにして、きちんと世話をしていませんでした。会いにいっても鍵をかけてあえなくしたり、入院をしても教えてもらえなかったり、挙句の果てにはなくなったことすら教えてもらえませんでした。
ようやく、手紙を出したかと思えば、自分たちが住んでいる家の相続放棄の知らせ。きちんと世話をしてくれていたのであれば、それでもかまいませんが、ないがしろにしていたのを近所の人含めみんな知っていますので、きちんと分け前をもらいたいと思っています。
遺産分割協議書もなく、また、現金類などの分割もなく、全て自分たちのものにした結果、不動産の名義変更だけはどうにもならず、このような書類を送ってきたと思われます。が、不動産の種類・番地なども未記入です。不動産全てという書き方は有効なのでしょうか?また、協議もなく、最後の年金くらいは残っていてもおかしくないと思うのですが、1円すらもらえないこの状況は別生計の我が家からは何もいえないのでしょうか?あちらの家計の収入だから、父の金という分類はないといわれてしまえばそれまでですが・・・。

自分が、遺産を人数分分けてもらうためには、どういう風に伝えればいいのでしょう? また、家は既に名義変更している可能性もありますが、それは父がしっかりしている間に行われたものであれば、有効なのでしょうか?こちらはもらう権利はもうなくなっているのでしょうか? 同封の手紙には、土地と書かれていて、証明書には不動産と書かれていて、家はどうなっているのか不明なままです。

質問者カエル さん 質問日2012年9月11日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年9月11日

あなたが、被相続人の子であるなら、父親の兄弟は、相続人ではありません。父親に妻も、あなた以外の子もいないなら、あなたが単独相続人です。
遺産について、何の情報も無いのでは、何もできないでしょう。
専門家の助けをかりるなどしたらいかがでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年9月14日

正式に遺産分割の話し合いをすることです。
それ無しに、相手が遺産を取得することに同意する書面は出さないことです。そうすれば、不動産の名義は変わりません。
不動産とは、土地又は建物、その両方を言うときもあります。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

この段階で弁護士に相談し、まず不動産の名義を確認してもらい、遺産分割調停と申し立てるべきでしょう。いずれにせよ実印での分割協議書がなければ法定相続分以外の登記はできません。調停の場で資産の状況の解明が図られるように主張すべきです。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは。行政書士の服部です。

不動産の名義変更がされている可能性は薄いです。名義変更されているのであれば、このような書類を作る必要はありませんので。

遺産分割協議証書は協議が成立した事を証明する文書ですから、分割協議が行われていないのであれば、署名捺印をしてはいけません。先方には分割協議をするように要求しましょう。

また、先方はお父さんの扶養家族でしょうか?お父さんの年金を、勝手に自分たちの為に使うのは良くないですね。場合によっては返還を求める事もできるのではないかと思います。

先方との話し合いができないのであれば、状況からして、どなたかに依頼した方がよいかもしれませんね。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 お父様の相続について,相続人は子であるカエル様となりますので,お父様の兄弟は相続人ではありません。ですので,相続においては,原則部外者ということになります。
 家についてすでに名義変更がされているとすれば,お父様が生前に贈与していた可能性はあります。しかし,現状ではそれが本当にお父様の意思かどうかも不明だと思います。また,お父様はご健勝のころきちんと生活をなされていたのでしょうから,相手方が「自分たちの家計の収入だからお父様の金という分類はない」ということはできないと思います。
 ですので,まずは,不動産の名義がどうなっているのか,預金がいくらあるのか等,遺産の調査をするところから始めるとよいと思います。その上で,きちんとした遺産分割協議(調停)を行い,カエル様は相続人として相続分を主張していくというのがよろしいでしょう。
 本件のような場合には,おそらく遺産の調査に相手が協力しないということも考えられますので,早めに専門家に相談されるのがよろしいかと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹
 

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 お話をうかがう限り、遺産分割がなされていないといえると思います。あらためて遺産分割協議をするように申し入れ、話し合いが困難であるようなら調停を申し立てるほか無いでしょう。まずは、どのような財産があって、どのように処理をしたのか(するつもりなのか)を問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 家の名義ですが、お父さまがしっかりしている間に贈与等されていれば、取り戻すことは難しいと思われます。どのような処理がされたか登記を取り寄せて確認してください。仮に贈与された場合には、遺産分割の中で特別受益として扱うよう求めていくことができます。

弁護士の回答

宇多法律事務所
専門家宇多法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

あなたが父親の子供であるなら,父親の兄弟は,父親と養子縁組をしているか,父親から遺贈や死因贈与を受けない限り,父親の遺産に対する権利はありません。
父親の兄弟が,相続人であるのかどうかによっても取れる手段が違ってきますので,専門家にご相談された方が良いと思います。
父親の意識がはっきりしているうちに,生前贈与をしていた場合,その効果を覆すことは難しいと思いますが,遺贈や死亡前1年以内にされた贈与であれば,父親の子供であるあなたは,受遺者・受贈者に対して遺留分減殺請求をすることができます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口