みんなの相続Q&A - 相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 贈与・生前贈与 遺産分割 遺産分割協議 相続税 基礎控除 手続き

相談窓口

相続について

お世話になります。
父が他界し母と3人が法定相続人となります。この場合5000万+4000万=9000万以上財産がないと相続税を払う必要がなく、申告の必要がないときいております。父の財産は1500万程ですが、この場合、遺産分割協議などの書類を作成せず、相続人で合意すれば遺産はどのように分割してもよいのでしょうか?基礎控除以下でもどこかに申告しなければいけないのでしょうか?
また、母が父他界2年前に父名義の土地、建物の生前贈与を受けておりますが、それをあわせても基礎控除内です。なにか税金を払う必要があるのでしょうか。宜しくお願いいたします。

質問者シノ さん 質問日2012年9月5日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年9月7日

不動産の生前贈与は登記済みですか?
未登記なら登記申請すべきでしょう。
遺産分割協議は相続人全員に異存なければ、協議書を作成する必要もないでしょう。税金は、不動産の固定資産税・都市計画税は名義人が支払う必要があり、あとは贈与税が問題となります。未登記であれば、相続による移転登記をすべきでしょう。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

相続税については、ご記載のとおりでよろしいかと存じますが、税理士先生からの回答を待つか、心配であれば税務署にお尋ねください。

分割協議書についてですが、不動産がなければ分割協議書がなくても相続手続きができるかもしれません。取扱い金融機関にお尋ねください。一般的に銀行等では分割協議書がなくても、対応してくれると思います。手続きが面倒であれば、お近くの行政書士にご依頼ください。

よかったら参考にしてください。
http://souzoku-madoguchi.jimdo.com/

ただ、相続人間での合意があるならば、やはり書面にしておく方がよいかもしれません。後日、各相続人の生活状況が変わり、「あの時は・・・知らぬ間に勝手に・・・」などと文句を言う可能性もありますので・・・。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続財産全体で基礎控除内であれば相続税の課税はないでしょう。
遺産分割をどうするかは協議次第です。協議が出来たら分割協議書を作成し、これに基づいて相続登記や預金の解約をすることになります。

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

少し専門的で恐縮ですが、「小規模宅地の評価減」を適用した結果、基礎控除以下となった訳ではないですよね?

そうでなければ、2年前の生前贈与を含めても基礎控除内であれば、特に税務署に何か相続税の申告書その他書類を提出する必要はありません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口