みんなの相続Q&A - 生命保険金と債務

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‘½ä¿é™ºé‡‘と債務

キーワード

相続 負債・借金 銀行預金 生命保険金・各種保険等

相談窓口

生命保険金と債務

妹の夫の母親(姑)は、数年前に亡くなった夫(舅)の銀行借入金の残額を相続しています。妹の夫は、母親に対して簡保生命保険に加入し、掛け金を支払っています(死亡保険金の受取人は夫)。もし姑が亡くなって、死亡保険金が支払われた場合、その保険金は債権者であるその銀行に強制的に取立てされるのでしょうか?

質問者田島義彦(チャーリー) さん 質問日2012年9月2日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年9月3日

「舅」が数年前銀行の借金を残して亡くなっているのであれば,その配偶者である「姑」と,子である「妹の夫」が負債を相続しているのではないでしょうか。相続放棄の手続をしているか,銀行との関係で「妹の夫」が債務の免除を受けていなければ,当然,債務を相続していることになります。
死亡保険金は,「姑」の遺産ではありませんが,借入金の債務が期限の利益を喪失しており,銀行が一括で請求する権利を有している状態で,その保険金の存在を知れば,回収を図ろうとするかもしれません。
「妹の夫」が「舅」の債務を相続していなければ,「姑」が亡くなったとき,相続放棄をすればなんら問題ありません。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

生命保険金はそのかた固有の財産となるのが原則ですので,姑について相続しなければ,銀行が生命保険金を債権回収に充当することはできませんので,強制的な取り立てもできないことになります.

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年9月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 事実関係を整理させてください。まず、銀行の借り入れを行ったのは今回問題となっている姑さまの旦那=舅さまで、保険金を受取人はその子(妹さまの旦那さま)ということでよろしいでしょうか?
 生命保険の受取人が、本人以外の者(今回で言えば、妹さまの旦那さま)になっている場合には、その者が保険金請求権を直接取得したと考えます。したがいまして、姑さまの負っている借金を保険金から回収されることはありません。もっとも、舅さまの相続時に妹さまの旦那さまが舅さまの借金を相続しているのであれば、その範囲で銀行からの取り立ての対象となる可能性はあります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口