みんなの相続Q&A - 不動産の評価について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¸å‹•ç”£ã®è©•ä¾¡ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 不動産の相続 固定資産税 不動産鑑定評価 財産評価

相談窓口

不動産の評価について

専門家に依頼するのが早い手だとは思うのですが、予算がないので出来るだけ自分たちで調べて協議しようと思って質問させていただきました。
預金は金額がわかっているので分けやすいのですが、不動産はどのように金額に換算すればいいのでしょうか。
固定資産の評価額でしょうか。
通常どのようにされているか教えてください。
よろしくお願いします。

質問者はんい さん 質問日2012年8月24日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年8月24日

建物は、固定資産評価額(取り壊し予定ならゼロ)、土地は路線価くらいでいいのかと思います。うるさい人がいるようでしたら、より時価に近いと考えられている公示価格を参考にしたらいいかと思います。
いずれもネットで公表されています。
売却する可能性もあるなら、不動産業者が無料査定してくれます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年8月29日

近くの不動産屋に聞くと、これが一番早く、且つ正解です。
売買に仲介させてもらえるならば無料で教えてくれます。
あと、「路線価」を調べるという方法があります。これは時価ではないが時価相場に近い数字です。市・区役所、図書館にあると思います。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

不動産の評価額については,固定資産評価額,路線価等がございますが,相続人の方で協議ができれば,その価格を基準とすることが可能であり,事案によってそれに応じた対応がなされています。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

調停などでは評価証明書額の2~3割増しくらい。時価を検討するなら近隣の不動産屋に聞いてみるとかでしょう。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 関係者のお話合いの中で納得される数字を利用されれば、それがどの数字であっても問題はないのが原則です。
 多くの場合は取引価格(近隣の似た条件の土地の価格を参考にします)で換算することが多いと思います。路線価や固定資産税評価額を用いても構いませんが、これは取引価格よりも低いものであることを理解して用いてください。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

都市部は、路線価方式です。インターネットで税務署の路線価図を確認できます。地方は、倍率方式で、固定資産税価格の倍率を定めています。これも税務署に電話するか
ネットで調べられます。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続人の間で納得する価格であれば,どれがどういった価格と評価しても構いません。
 一般的には,路線価や固定資産税評価額を基準にすることが多いと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はんいさん、土地は、原則的には、路線価(”国税庁 路線価”でインターネットで閲覧可)に面積を乗じて算出したものが評価額となり、家屋は、固定資産税評価額が評価額となります。土地については、「小規模宅地の評価減」という制度があり、一定面積までにつき、50%又は80%評価額が減額されます。ご予算についてですが、全体的に、相続税申告に関する税理士報酬も下落傾向にありますので、何人かの税理士の方に見積もりをお願いされてみてはいかがでしょうか?

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口