みんなの相続Q&A - 生前贈与について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‰è´ˆä¸Žã«ã¤ã„て

キーワード

相続 相続税対策 贈与・生前贈与 不動産の相続 贈与税

相談窓口

生前贈与について

高齢の両親が地方で二人で暮らしています。法定相続人は子の私一人です。毎年110万円までの生前贈与は孫なども含め何人でも良いのですか?また父と母双方から合わせて220万円でもよいのですか?また住宅を購入して資金を贈与してもらう場合ですが、現在持家がありますが可能ですか?持家の建物は私の名義はありませんが、土地の半分の持ち分は私の名義となっています。

質問者ひよこ さん 質問日2012年8月22日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年8月24日

110万円の控除内でも毎年やると税務署は脱税行為として税金をかけてきます。贈与税はもらった方にかかるで110万円を超えると贈与税がかかるでしょう。
贈与は、もらった人が何に使おうと自由です。家は2つ持っても3つ持っても自由です。しかし、税金のことを考えると、相続まで待つ方が良いのではないでしょうか。
だが、相続も控除額は多いけど税金がかかるので、今から節税対策をしておくのは良い事です。したがって、税理士もしくは弁護士に会って資料などを提供して考えてもらべきでしょう。ネット上の質問では完全なことは出来ません。

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

贈与税は、贈与するご両親に課されるのではなく、贈与を受ける御親族に課されます。
従いまして、ご両親が複数人に各110万円以下の金銭を贈与したとしても、御親族が受ける贈与は110万円以下ですので、贈与税は課されません。
また、ご両親が、共に110万円づつ、合計220万円をひよこさんに贈与した場合には、110万円を超えた部分に対しては贈与税が課されます。

蛇足ですが、必ずしも、110万円の範囲内で贈与する方法がベストな相続税対策ではございません。
例えば、ご両親がひよこさんに300万円を贈与した場合、贈与税は19万円になります。
その比較として、当該贈与せず相続が生じた時に、例えばその相続財産につき30%の税率が適用される場合、相続税は90万円(300万円×30%)課されることになります。
90万円の相続税が課されるよりは、19万円でも贈与税を支払って、300万円を一度に贈与し、早目に財産を親族に移転させておいた方がよかった、というケースも多々ございます。

次に住宅を購入して資金を贈与してもらう場合ですが、現在持家から購入された住宅に引っ越しされれば、特例の適用が可能です。この規定は、現在の持家の名義や土地の名義について関係しません。但し当該特例は、要件を全て満たさないと適用されませんので、贈与される前に慎重にご検討下さい。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口