みんなの相続Q&A - 相続放棄後の処理

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„後の処理

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金

相談窓口

相続放棄後の処理

亡くなった父の負債が多く、相続放棄をしました。

父が住んでいた賃貸マンションを解約し引き渡したのですが、
その際、掃除をする為に電気を使用しました。
この場合、電気代は支払った方がいいでしょうか?
放棄後は支払わなくてもいいとも聞きましたが、死亡後に使用したので気になっています。

また父の郵便物を郵便局に転送届けを出し受け取ってもいいのでしょうか?
放棄後は受け取る権限もないのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

質問者りん さん 質問日2012年8月19日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年8月20日

厳密にいえば、父の死亡後(相続開始後)に、電気を使った場合、そこで発生した電気代は、使った人の債務です。相続放棄しても、支払うべきものと言えます。父の使用した分も含めて支払うことは構いませんが、父の財産から支払わない方がいいでしょう。
郵便物は、父宛のものですから、本来、受け取る権限があるわけではありませんが、相続放棄前だと、調査権限の行使として、受け取ることができるという考えもありますが、放棄後ではないと考えられます。
亡くなったことを隠して、転送届けを出して受け取ることことも、実際はあるようです。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年8月22日

その電気代は、父の死亡後に生じたものですから相続債権ではありません。
したがって、あなたが払うべきものです。
受け取っても受け取らなくても良いですが、受け取った場合、死後の処理ということにするべきでしょう。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

電気代程度であれば、支払っても、一般通念からしても問題はないでしょう。郵便の転送も同様でしょう。その中で放棄と抵触する者が出てきた場合にはその時点で対処することになるかと思います。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 お父様がお亡くなりになった後の電気代については,正確にはお父様の債務ではございませんので,その分についてはりん様のポケットマネーで支払われるのがよろしいかと思います。
 郵便物ですが,たしか,受取人死亡の際に,受取人を御家族にする転送届を出すことはできなかったと思います。その場合には,受取人死亡により差出人に返送されることになりますが,その後どうするかは差出人が判断することになるでしょう。ただ,たしかに厳密にいえば,りん様にはお父様宛ての郵便を受け取る権限はないですが,例えばお父様の御友人からの暑中見舞い等を受け取ったからといって特段問題が生じるケースは少ないと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口