みんなの相続Q&A - 相続放棄に必要な書類

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„に必要な書類

キーワード

相続 相続放棄 手続き

相談窓口

相続放棄に必要な書類

父親が他界し、相続放棄を検討しています。
必要な書類を自分で集めることができないものか調べていますのでお教え下さい。

相続放棄に必要な書類を調べたところ戸籍謄本について以下のように書かれています。

・相続人(自分)の戸籍謄本
・被相続人(父親)の戸籍謄本等

自分は結婚していません。

この場合、自分の戸籍謄本と、父親の戸籍謄本は同じものと考えて宜しいでしょうか?
同じものであれば、戸籍謄本は2通必要でしょうか?

自分と父親の戸籍謄本に、違いがあるかないかもわからず質問させて頂きました。

質問者とみか さん 質問日2012年8月16日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年8月16日

結婚した、親が離婚して母親について行った、分籍した等がなければ、子供のときと変わらず、同じ戸籍と思われます。同じなら、一通で構いません。
あと、裁判所の管轄確認の関係で、父親の住民票の徐票も必要です。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年8月22日

あなたが父の戸籍に入っていれば同じものです。結婚とか、又は自分の意思であなたが別戸籍を作っていなければ同じものでしょう。同じものなら1通です。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続放棄申述書に添付する書類としては,①申述人(とみか様)の戸籍謄本(3か月以内のもの),②被相続人(お父様)の死亡の記載のある戸籍謄本,③被相続人の住民票除票または戸籍附票が必要です。
 ご結婚されていないのであれば,とみか様もお父様の戸籍に記録されていると思われますので,その場合は②だけで構いません。お父様が亡くなり,とみか様がお父様の相続人にあたるということを示す書類として戸籍謄本が必要なので,それがわかる戸籍謄本が出ていれば問題ありません。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹
 

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続放棄をされる場合にご質問の戸籍が必要となる理由は以下の通りです。

相続人の戸籍  相続放棄をしようとする者が被相続人の相続人であることを確認する
被相続人の戸籍 誰が被相続人であるかを確認し、その者が死亡したことを確認する

要はこれが確認できる書類が求められているのですから、現在とみかさまがお父さまの戸籍に入っていらっしゃるのであれば、お父さまの戸籍のみで足りますし、別の戸籍を編纂して戸籍筆頭者となっていらっしゃるのであればそれぞれの戸籍が必要です。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お父様の戸籍にご相談者様が記録されていれば,この2つは同一のものと考えて結構です。この場合は1通で足りると考えられますが,管轄の家庭裁判所に念のためご確認いただければと思います。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

結婚されていなければ、あなたとお父様は同一の戸籍と思われます。謄本を一通用意すれば足りるでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口