みんなの相続Q&A - 義祖母の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¾©ç¥–母の相続

キーワード

相続 遺言と遺言書 相続放棄 異父・異母兄弟 相続権と相続順位

相談窓口

義祖母の相続

はじめまして
義祖母の相続についてですが、
祖父が他界し、今その祖父の再婚相手の義祖母と同居しています。
義祖母がなくなったときの相談なのですが、この祖父と義祖母の間には子はなく、前妻の間には二人。
この二人が私の母と叔父にあたりますが、母は他界し叔父は財産放棄するといい、私が全て相続という話になっていますが・・・
義祖母とは誰も養子縁組などしてないため、祖父が亡くなってしまっていると、私や叔父に権利はないのではないかと。
義祖母には弟、甥がいます。
そちらにいってしまうのでしょうか?
また遺言書に私にと書いてあれば大丈夫なのでしょうか?

質問者チビママ さん 質問日2012年8月7日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年8月8日

義祖母自身の相続について、あなたの母は養子縁組をしない限り相続権はありません。義祖母の兄弟姉妹、亡くなっている人で子がいる場合は、その子が相続人となります。前妻の子も同様です。
他方、義祖母は祖父の配偶者ですから相続権(1/2)があり、前妻の子も1/4ずつ相続権があります。
遺言書があって、あなたに全財産を贈与すると書いてあれば、あなたが全て取得します。兄弟姉妹には遺留分権がありませんから。
但し贈与税がかかります。それ故、養子縁組をして相続人となっていれば相続税は基礎控除(5000万円)等、同居しているなら住宅の相続について控除があるので、それがあなたにとっては一番良い方法です。

行政書士の回答

行政書士 マルケン事務所
専門家行政書士 マルケン事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

チビママさま
お世話様です。

まず、義理のお祖母さまには、実子や養子、さらには実親・養親ともにいらっしゃらない、という前提でお話をします。

現状で、仮に義理のお祖母さまが亡くなった場合、相続人は、弟さんになります。

チビママさんは、相続人にはなりませんので、財産を譲り受ける権利は発生しません。

チビママさんが祖母さまの身の回りの世話などをしているということならば、このままでですと、その苦労が報われないということになります。

一番いいのは、おっしゃる通り、遺言書を作成することですね。

兄弟姉妹には遺留分がないので、弟さんは、その遺言に対して、異議申立てができません。

遺留分について
http://www.souzokuyuigon110.com/page011.html

遺言書は、自筆証書遺言は金融機関が受け付けてくれない可能性もありますので、公正証書遺言をお勧めします。

遺言書の種類
http://www.souzokuyuigon110.com/page010.html

以上、参考になれば、幸いです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
行政書士 マルケン事務所 所長 福本 健一
110-0016 東京都台東区台東4丁目31番7-203号
TEL:070-6485-3993/FAX: 03-5812-4182
MAIL dream@maruken.biz スカイプ maruken39

知らないと怖い相続の話(無料ダウンロードできます)
http://tinyurl.com/7jzbfu2
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 チビママさまのお話のように、チビママさまは義祖母さまの相続人とはなりません。相続人となるのは、(義祖母さまに子どもがおらず、そのご両親が既に他界されている場合には)その弟です。
 兄弟が相続する場合には遺留分はありませんので、全財産をチビママさまに遺贈する旨の遺言を作成を義祖母さまにお願いされることをお勧めします。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

おっしゃるとおり、義祖母と養子縁組をしていない、貴方や貴方の母、叔父には相続権がありません。

遺言書があれば貴方が相続することもできます。
本件のケースは争いになる典型例ですので、多少お金がかかりますが、遺言書は公正証書でしっかりと作成されることをお勧めいたします。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口