みんなの相続Q&A - 生前贈与について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‰è´ˆä¸Žã«ã¤ã„て

キーワード

贈与・生前贈与 贈与税 不動産の相続

相談窓口

生前贈与について

祖父が孫に土地を生前贈与したいのですが可能でしょうか?、また贈与税などの控除はどうなりますか?

ちなみに現在土地名目は60坪ほどの宅地になり建物はありません、孫の親は健在です。

質問者大家族 さん 質問日2012年8月6日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年8月8日

贈与をするのは自由です。贈与税の控除は1年に110万円くらしかないので、土地の場合、毎年分割贈与というわけにはいかないでしょう。
養子縁組をして、遺言で遺贈すると相続税の控除枠は多いので、その方法が良いのではないでしょうか。

行政書士の回答

行政書士 マルケン事務所
専門家行政書士 マルケン事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

大家族 さま
お世話様です。

生前贈与自体は、お祖父様の意思があれば、可能です。
ただし、税金関係で、ご注意することがあります。

まず、今回の件では、贈与税がかかります。

贈与税率(国税庁HPより)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

また、相続時精算課税という制度もありますが、お孫さんは相続人ではないので、この制度は使えません。

一つの方法としては、お祖父さまとお孫さんが養子縁組をして、親子関係を創出するというのがあります。

ただ、そこまでするのか・・・という部分もありますので、これは当事者の方々で、よくお話合いになってください。

また、養子縁組をして、親子となったとしても、相続時精算課税というのは、以下のようなデメリットがあります。

http://www.souzokuyuigon110.com/page016.html

一番のおすすめは、遺言書を作成することですね。
特に、養子縁組をするならば、遺言による相続は、支払う税金が格段に軽減されますから。

以上、参考になれば、幸いです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
行政書士 マルケン事務所 所長 福本 健一
110-0016 東京都台東区台東4丁目31番7-203号
TEL:070-6485-3993/FAX: 03-5812-4182
MAIL dream@maruken.biz スカイプ maruken39

知らないと怖い相続の話(無料ダウンロードできます)
http://tinyurl.com/7jzbfu2
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 贈与自体は、相続とは無関係にすることは問題ありません。
 問題となるのは贈与税だと思われますが、子どもがご存命の場合に孫に対する贈与には相続時精算課税制度の適用はなく、通常の相続税の負担があることになります。

税理士の回答

日本みらい会計事務所
専門家日本みらい会計事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

大家族様。
はじめまして。日本みらい会計事務所の加藤と申します。
 孫の親をとばしてお孫さんに生前贈与することにより、相続税の課税を1回免れることができます。
 なお、相続により財産を取得した人が、亡くなる日(相続開始日)前3年以内に被相続人から贈与してもらった財産については相続税がかかります。そのため、子供が親から贈与してもらっていても、その3年分の贈与については、相続税の節税にはなりません。
ただし、相続人とならない孫は、このような制限はありません。つまり、亡くなる日前3年以内に祖父から贈与してもらった財産については相続税がかかりません。

また、土地が60坪あるとのことですので、お孫さんの人数にもよりますが、多額な贈与税が発生する可能性があります。お孫さんが負担する贈与税額は、祖父の相続時の相続税の前払として取扱う規定はありませんので注意が必要です。

弁護士の回答

広尾総合法律事務所
専門家広尾総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

生前贈与は可能です。

贈与税については,土地の評価が分かりませんので何とも言えませんが,税理士さんにご相談された方がよいですよ。

税理士の回答

アイエクシード税理士法人
専門家アイエクシード税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 贈与は贈与者と受贈者との合意があれば可能です。ご質問のケースですと、親子間の贈与税の特例である相続時精算課税が使えないので、贈与税が相当程度課税されると思います。
 相続税と贈与税を比較すると、通常は相続税の方が税金が少なくなります。ですので、贈与ではなく、遺言をしていただいて、相続で移転する方が税金面では安く済みます。
 

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口