みんなの相続Q&A - 土地の名義変更

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°ã®åç¾©å¤‰æ›´

キーワード

相続 不動産の相続 争続・トラブル 名義変更 土地の名義変更

相談窓口

土地の名義変更

先日祖母が亡くなりました。そして相続の段階まで来て本来母が祖母と母の姉との共有名義でもっていたはずの土地の権利がなくなって事に気づきました。母にその事を問うと、離婚をして3年ほど姉夫婦と祖母が住む実家に居候させてもらってたのですが、そこから新居に引っ越す話を姉夫婦にし、その何日か後家を出る日の朝に、家を出たければこの書類にハンコを押せと土地関係の書類にハンコを押したそうです。どうやらその書類が名義が変わってしまっている原因のようです。その際は姉夫婦にすごまれて一刻も早くこの場から去りたいとの思いだったらしいですが、考えもなしに押してしまった事を今更後悔しています。ただその際に金銭的なものは一切受け取っていないらしいのですが、この土地を取り返すことはできるのでしょうか?ちなみにそのハンコを押したのは4年前らしいです。姉夫婦は書類にハンコを押した時点でお前に勝ち目はないと言ってきたらしいのですが、母の持っていた土地の価格は2千万円を超えるものだったのに、あまりに一方的な物言いに情けないやら悔しいやらで・・・。どうか専門家の方の知識で助けていただくとありがたいです。よろしくお願いします。

質問者みゆき さん 質問日2012年8月2日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年8月4日

4年前にハンコを押した書類は、当時、母親が持っていた土地の持分を、贈与する書類であったと考えられます。贈与ですから、別に、金銭的なものをもらわなくても、有効です。考えなしに押してしまったとしても、それを後からどうこう言えるものではありません。母親は、実印や印鑑証明書を用意しているので、考える時間もなかったということも言えません。
祖母が亡くなられたということですが、祖母の持分は、今回相続の対象となりますから、その法定相続分を請求するできます。
もし、祖母の持分が、祖母が亡くなる前に移転していれば、遺留分減殺請求をすることも考えられます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年8月8日

お母さんが持っていた土地は、相続で取得したものですか?
名義(所有権)がなくなったのは、持分放棄か贈与、売買等々のものがありますが、その土地の問題は、お母さんがハンコを押すときの状況です。書類に何が書いてあったのか、見たのか、説明を受けたのか、copyはもらえたのか。
印鑑証明書が登記には必要ですがそれも渡したのか等々。
それによって強迫、錯誤となれば土地は元に戻せます。
但し、話し合いは無理でしょうから訴訟によることになります。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 お母様がハンコを押された「土地関係の書類」というものが,どういった内容のものか確認する必要があると思います。一般論としては,一度お母様御自身が署名・押印された書面の効力を覆すのはなかなか難しいと思います。したがって,例えば「お母様の土地の持分を姉に贈与する」といった内容となっているのであれば,それを覆すのは難しいかもしれません。
 しかし,おばあ様の土地の持分についてはお母様にも相続権がある場合が考えられます。また,少なくとも遺留分をとれる可能性はあると思います。
 いずれにしても,どのような書面にハンコを押されたのか御確認いただき,一度専門家に御相談いただくのが,よろしいかと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 法律上、土地の権利を取り戻すことが全く不可能であるとは思いません。
 しかしながら、土地の権利が「なくなった」事情(おそらくはお母さまの持分がお祖母さまかお姉さまに移転していると思われますが、その原因が外形上どうなっているのか、という点)が分かりませんので、正確なことはお答えできません。
 登記などの資料をお持ちになって、専門家に相談されるべきだと思います。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

錯誤無効、または詐欺、脅迫などによる取り消しがありますが、登記申請するには、両者の合意があるか、もしくは訴訟で勝つ必要があります。合意が難しいのであれば、訴訟ですが、錯誤や詐欺、脅迫を証明するのが難しいかもしれません。

訴訟をする場合は、弁護士の先生とよく相談してください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口