みんなの相続Q&A - 土地をだまし取られました

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°ã‚’だまし取られました

キーワード

相続 遺留分 不動産の相続 争続・トラブル 名義変更 土地の名義変更

相談窓口

土地をだまし取られました

兄夫婦が一軒家に住んでいるのですが、その土地の名義が私と兄と父親の共同名義になっておりました。先日その父が亡くなった際に、お金は相続の時にまとめて払うから、先に私の持ち分の土地を渡して欲しいと言われ書類にハンコを押してしまいました。しかし、実際に振り込まれたのは、もともと父親がもっていた土地である全体の三分の一の土地の、さらに遺留分としての六分の一の金額だけでした。その事で私の土地の分はどうなったのかと聞いたのですが、ハンコをもらったからあれは自分たちの物だから今更どうしようもないと言われました。身内だと思って信用して押してしまったのですが、父が私の為に残してくれた土地を取り返す事はできるのでしょうか?

質問者ゆうじ さん 質問日2012年8月2日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年8月6日

こちらは、騙し取られたと思っていても、相手は騙したという認識がない場合もあります。
土地を取り戻せるのかは、兄との契約(合意)の内容次第です。持分を渡したときの経緯、状況、交わした書面の内容等から、契約の内容が判断されることになりますので、当時の資料も取り寄せて、弁護士に相談してみたらいかがでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年8月8日

その為には、あなたがハンコを押したこととその書類を無効にしなければなりません。ハンコを押したときの状況次第ですが、錯誤による無効を主張することは可能です。ハンコをもらったからあれは自分達の物、今更どうしようもない、と言う人とは話し合いは出来ないでしょう。訴訟でやるしかないと思われます。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

どういった内容の書類にハンコを押されたのかにもよりますが,当初の話し合いがゆうじ様がおっしゃるとおりの内容であったことを証明することができれば,土地を取り返すかもしくは本来支払われるべき代償金を請求することができます。
 どういった内容の書面に署名・押印をなされたのか御確認いただき,専門家に御相談いただくのがよろしいかと思います。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺産分割協議の錯誤を理由として土地の返還を請求することが考えられます。もっとも,印鑑を押された際にどのような説明があったのかなど,詳しい事実関係を慎重に検討することが必要と考えられます。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 この件は、お父さまの相続という点とゆうじさま名義の土地とに分けてそれぞれ考える必要があります。
 まず、お父さまの相続という点で考えると遺言の有無を確認して下さい。仮に全財産を兄にという遺言があれば、もらったお金以上の請求をすることは困難です。
 次にゆうじさまの名義の土地については、現在どうなっているのかが分かりませんし、ハンコを押した書類がどのようなものなのか分かりません。ケースによっては取り戻すことは不可能ではないと思いますが、まずは詳しい資料をお持ちになって専門家にご相談されるべきだと思われます。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年8月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ハンコを押した書類というのはどのような書類ですか?登記署には、その書類が保管されているかもしれないので謄写して、対策を講じる必要があります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口