みんなの相続Q&A - 遺産相続の有効期間について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã®æœ‰åŠ¹æœŸé–“について

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議

相談窓口

遺産相続の有効期間について

四人兄弟の2男です。父は16年前に死亡。母が死亡して7年になります。
父が死亡した際は、遺産相続放棄をし母に全額遺産を譲渡しました。
今回 兄弟間では4男を跡取りとして仏事等を行っていますが 遺産相続に関しては 何の話しもありません。
遺産相続権に期限があるのでしょうか?教えてください

質問者桜井 敏夫 さん 質問日2008年7月16日

行政書士の回答

おおま行政書士事務所
専門家おおま行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年7月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

行政書士の大澗(おおま)と申します。

遺産分割じたいに期限というものはなく
何年経とうが未分割の遺産について分割協議を行うことは
可能です。

しかし、もしお母様が遺言書を作成されていた場合や
生前に全て贈与していた場合は、法律によって保障された「遺留分」を請求することができるのですが、「遺留分」の侵害があったことを知った時から1年または相続開始から10年を経過すると、この請求権は時効により失われてしまいます。
また、何らかの方法で遺産隠しが行われていた場合は、
「相続回復」の請求を行います。
この請求権は、相続権の侵害を知った時から5年もしくは
相続開始から20年を経過すると時効で失われます。

上記のような「遺留分」や「相続回復」の事例にあたらないと
しても、未分割のままでいると更に相続が重なった場合など権利関係が複雑になることがあるのでお早めに分割協議を
済ませてしまうことをお勧めします。

行政書士の回答

行政書士オフィスぽらいと
専門家行政書士オフィスぽらいと(過去掲載の専門家)
回答日2008年7月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はじめまして。行政書士の財間と申します。

相続税のかからない相続の場合、遺産分割に期限はありません。

相続財産については、預貯金は金融機関が故人の死を知らないかぎり、キャッシュカードや通帳と印鑑などで残高を引き出すことは可能です。

不動産については、そのまま故人名義になっている可能性が高いでしょう。

あまり長いこと相続手続きを放置していると、ご兄弟の中で亡くなる方が出てくることもありますので、手続きに必要な相続人が増えていくことになります。

ほかのご兄弟と一緒に4男に確認してみてはいかがでしょうか。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口