みんなの相続Q&A - 限定承認と相続破棄について教えてください。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é™å®šæ‰¿èªã¨ç›¸ç¶šç ´æ£„について教えてください。

キーワード

相続 相続放棄 限定承認 負債・借金 相続権と相続順位 連帯保証人

相談窓口

限定承認と相続破棄について教えてください。

経営者の父が亡くなりました。

連帯保証人になっていたようです。
資産も同じくらいあるようですが、全く知るすべがありませんので、母、私、弟は限定承認または相続破棄を考えておりますが、限定承認をした場合と相続破棄した場合の危険性など教えていただきたいです。

他にお尋ねしたいのは父の兄がいた場合、相続人となりますか?

また、相続人すべてが相続放棄、または限定承認した場合、父が連帯保証になった借金の支払いはどうなりますか?

よろしくお願いいたします。

質問者青木 さん 質問日2012年7月22日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年7月23日

相続放棄も限定承認も,被相続人の債務を相続しないようにする,あるいは一定限度に押さえるためのものですから,それ自体危険性があるということはありません。
ただ,限定承認の場合,相続時に,被相続人から相続人に財産の譲渡があったと見なされるため,不動産などについては,譲渡所得税が発生する可能性があるということは留意すべきでしょう。

相続放棄をした場合,次に,父の相続人になるのは,父の父母,祖父母ですが,いなければ,父の兄弟が相続人になります。

相続人すべてが相続放棄をした場合,相続人不存在となり,債権者は,相続財産管理人をたてるなどして,父の財産を換価し,債権の回収を行います。限定承認の場合は,限定承認者(相続人)が,資産を売却するなどして,債務弁済の手続を行います。

債務の状況が分からない場合は,ただちに,放棄か限定承認かを行うのではなく,期間の伸張の手続をして,調査をするという方法も考えられます。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続放棄の場合には,初めから相続人とならなかったものとみなされますので,借金の返済は一切する必要はありません。
 限定承認は,相続人が相続債務について,相続財産中のプラスの財産の限度によってのみ弁済の責任を負うもので,相続財産が債務超過かどうか不明で,単純承認するか放棄するか決めかねる場合に有効な手段です。限定承認の場合には,プラスの財産の限度で,借金の返済をすることになります(清算手続)。
 しかし,限定承認は,相続人全員で行わなければいけないという制約があるほか,その後の清算手続等の煩雑な手続き行わなければならないというデメリットがあります。
 ですので,まずは相続放棄の期間の伸長を申し出て,相続財産を調査された上で,相続放棄か単純承認か判断されるのも一つの手かもしれません。
 青木様と弟様が相続放棄をされた場合には,まずお父様のご両親が相続人となり,ご両親がいらっしゃらない場合や御両親も相続放棄される場合にはお父様の御兄弟が相続人となります。

渡部直樹法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

放棄すれば、、相続人ではなくなります。限定承認すれば財産の範囲で債務を支払うことになり、その手続きを実行しなければなりません。危険性は特にありませんが、手続きを進めるのは、煩雑です。あなたがた子が放棄すると父の兄が相続人になります。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

1 相続放棄をした場合には、お父さまの財産を一切相続することができなくなります。したがって、仮に資産の方が大きかったとしても、それを撤回することはできませんし、今のお住まいがお父さま名義であった場合にはそこから出ることが必要となります。限定承認は、相続財産の範囲内で強制的に借金の支払をさせられる責任を負うものですので、その範囲で借金の支払いをしなければならないことになります。

2 青木様とお母さま、ご兄弟が相続放棄をされるとなれば、ご健在であればお父さまのご両親が、お亡くなりになっていればお父さまのご兄弟が相続人となります。

3 すべての相続人が相続放棄をした場合ですが、お父さまが「連帯保証人」であることから、主たる債務者(会社でしょうか)が払うことに代わりありません。保証人としての責任については、相続財産を分配して支払われることになります。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 危険性というわけではありませんが、まず、相続放棄とは相続人ではなくなることですので、どんなに財産があっても、一切相続することはできません。自宅や会社の株式等も手放す事になります。限定承認は財産の限度で債務を引き継ぐことになります。いずれも、裁判所に申述等することになり、期限がありますので注意してください。また、財産の管理にもお気を付けください。

 母、貴方、弟が相続放棄をした場合で、祖父母が他界している場合は、父の兄が相続人となります。

 全員が相続放棄をすると相続人不存在となり、相続財産管理人が選任され、相続財産を処分し、借金を返済するなどし、財産整理をすることになります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口