みんなの相続Q&A - 先妻との子と遺言書

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å…ˆå¦»ã¨ã®å­ã¨éºè¨€æ›¸

キーワード

相続 遺産分割 遺言と遺言書 遺産相続の割合 異父・異母兄弟

相談窓口

先妻との子と遺言書

こんにちは。
離婚歴あり、先妻との間に子供一人(成人)の夫の相続についてお伺いします。
私との間に子供は三人(いずれも未成年)おります。
先妻との子には離婚以来会っておらず、養育費も払っていません。
先妻との子には夫の死亡後は法定相続分(1/8)を現金で渡すつもりでおります。

この場合でも遺言書を書いておく必要がありますか。
法定相続分で不服と言われた場合はどのような経緯で手続きが進むのでしょうか。
また、先妻との子の所在がつかめない場合は相続ができなくなることがありますか。


ご回答頂きたく、よろしくお願い致します。

質問者てらちは さん 質問日2012年7月10日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年7月11日

夫が亡くなり,先妻の子に分割の協議を求めたとき,先妻の子は,どういう対応をとるかわかりません。法定相続分では足りないというかもしれませんし,現金は嫌だというかもしれません。あるいは,一切関わりを持ちたくないといういってくる場合もあります。もしかすると,先妻の子の所在がわからないかもしれません。
そういうときは,遺言書を書いておけば(公正証書遺言にしてください),こちら側の手続だけで,不動産の名義変更をしたり,預金を解約できますので,便利です。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 法定相続に従う限り,本来遺言書はなくても構いませんが,後の紛争を防ぐためには,きちんとした遺言書を作成されることをお勧めします。
 遺産分割で協議がまとまらない場合には,遺産分割調停の申立てを行うことになります。
 なお,先妻のお子様の所在がつかめない場合に,相続ができなくなることはありませんが,相続権はそのお子様にもありますので,いずれは所在を把握することを検討された方がよろしいかと思います。

渡部直樹法律事務所
 弁護士 渡部直樹
 

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 まず、法定相続分に応じて相続させる場合には、遺言は必ずしも必要ではありません。もっとも、配分に揉めないように遺言をすることは有用です。
 法定相続分で、不服を言うことは原則としてできませんが、配分について揉めてしまう可能性があり、話が付かなければ遺産分割調停で解決を図ることになります。
 相続人となる者の行方が不明でも、死亡していなければ相続権はありますし、その子どもがいれば子どもが相続権を有することになります。
 いずれにしても、紛争を事前に防止する意味でも、遺言は作成しておいた方が良いのではないでしょうか。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言書を書いてもらうべきです。遺産の八分の一を現金で渡すと言っても遺産には不動産や株とか現金で評価する場合金額がいくらか評価しにくいものがたくさんあります。また生前贈与など計算にいれないと相続分は確定できないことになっていますので、遺産分割は簡単ではあありません。遺言書が有効です。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口