みんなの相続Q&A - 相続人代表者指定届

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šäººä»£è¡¨è€…指定届

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金 手続き

相談窓口

相続人代表者指定届

実家のある市役所から、相続人代表者指定届が入った封書が届きました。(市・県民税の納税義務継承)

両親が30年以上前に離婚しましたが、その時の父親が3月に亡くなり、市・県民税の相続とのこと。

両親の離婚後、母親に育てられ、30数年。
30年以上あっていない(連絡もなかった)父親で、亡くなったことも、この封書で知りました。

自分が相続を継承しなければならないものなのでしょうか? 無知な私にご教授ください。宜しくお願いします

質問者まっちゃん さん 質問日2012年7月9日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年7月10日

父親が亡くなったのを知ってから3か月以内に,父親の最後の住所を管轄する家庭裁判所に対し,相続放棄の手続をしたらいかがでしょうか。
自分でできそうもなかったら,専門家に依頼してください。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 両親が離婚されて、それ以来親子関係が断絶していたとしても、法律上の「父親」であることに変わりはなく、その子どもである相談者の方は相続人となります。

 相続人は、「相続の開始があったことを知ったときから3箇月」以内に相続の放棄をすることができます。市役所からの通知でお父様がお亡くなりになったことを知ったのであり、それが3箇月以内の出来事であれば、相続放棄の手続をとることにより、相続しないことができます。

なお、ご兄弟やご存命であればお母様も同様のことがいえますので、まとめて手続をされると良いと思います。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 相続放棄の手続きをすれば、債務(納税)を承継しなくて済みます。相続放棄はあなたが相続人となったことを知った時、すなわち、市役所からの封書が届いた時から3カ月です(基本)。納税金額がいくらかわかりませんが、場合によっては財産(預金等)もあるでしょうし、逆に他にも借金があるかもしれませんので、しっかりと調べてから判断するのでもよいかもしれませんね。
 調査が面倒であれば、どなたかに依頼しましょう。また、相続放棄をする場合は、家庭裁判所で相続放棄の手続きをします。戸籍の収集など面倒なこともありますが、ご自身でできない事もないと思います。 

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄ができます。死亡を知ってから三カ月以内に家裁に放棄手続きをしたください。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続放棄は,原則として「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3か月間行うことができますので(民法915条),市役所からの通知で初めてお父様が亡くなったことをお知りになったのですから,通知が到達したときから3か月以内に相続放棄の手続きをなさるとよろしいかと思います。

 渡部直樹法律事務所
  弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口